名言を自分のものにする

広告

 

> > >  >

 

松下幸之助 名言/格言(9ページ目)

 

 

『悩みはあって当たり前。それは生きている証であり。常に反省している証拠でもある。』

 

カテゴリー:人生/生死

『なやみは つきねんだなあ 生きているんだもの。』

>>続きを見る

 

『すべての人を自分より偉いと思って仕事をすれば、必ずうまくいくし、とてつもなく大きな仕事ができるものだ。』

 

カテゴリー:仕事/経営

これはなかなか難しい。私も最初はそのように考えるタイプだった。全ての人を立てて、謙虚に振る舞うことを念頭に置いていた。

>>続きを見る

 

『だから尋ねるんやが、あなた、儲からん儲からん言うけど、小便赤くなったことあるか?』

 

カテゴリー:仕事/経営

『僕が奉公している時分に一人前になるためには、小便が赤くなるくらいにならないとあかんのや。そういうことを二、三べん経てこないことには、一人前の商売人になれんぞということを、親方から聞いた。

>>続きを見る

 

『学ぶ心さえあれば、万物すべてこれ我が師である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

例えば、害虫や排せつ物、疫病や毒物といったものは、人間にとって考えるのも抵抗がある、悪の存在である。

>>続きを見る

 

『自分の金、自分の仕事、自分の財産。自分のものと言えば自分のものだけれど、これもやっぱり世の中から授かったもの。世の中からの預かり物である。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『いいや、自分の金は自分の金だ。自分が汗水流して、時には血を流して、自力でつかみ取った仕事で築いた財産だ。

>>続きを見る

 

『失敗することを恐れるよりも、真剣でないことを恐れたい。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

私の部下に、失敗することを恐れて、人生を真剣に生きることが出来ない馬鹿者がいるから、この言葉は身に沁みるばかりである。

>>続きを見る

 

『「それは私の責任です」 ということが言い切れてこそ、責任者たりうる。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

言うのは簡単だ。だが、それを『言い切る』というところがポイントで、本当にその言葉を心底から捻出する為には、普段、血のにじむような努力を『当然の如く』行い続けることが必要だ。

>>続きを見る

 

『自分が利を得るために、不必要に自分の膝を屈することは決してすまい。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

松下幸之助の言葉はすべて、身に沁みるものばかりだ。それが本音なのである。恐らく彼の言葉は、人生の艱難辛苦を体験した人間の心にこそ強く染み渡る。

>>続きを見る

 

『自分は自分である。何億の人間がいても自分は自分である。そこに自分の自信があり、誇りがある。』

 

カテゴリー:自己/精神

何億どころではない。何十億どころでもない。この世に生きた全ての人間の中で、過去、未来永劫の時間の規模において、自分という存在は、唯一無二なのだ。

>>続きを見る

 

『十のサービスを受けたら十一を返す。その余分の一のプラスがなければ、社会は繁栄していかない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『+αの魔法』だ。人間は+αを大事にしなければならない。そうすればその分が自分に返ってくることにもなる。

>>続きを見る

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

シェア

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP