名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >

 

マーク・トウェイン 名言/格言

マーク・トウェイン

 

サミュエル・ラングホーン・クレメンズとは(画像

アメリカ作家。マーク・トゥエインは、アメリカの作家で『トム・ソーヤーの冒険』の著者として有名です。1836年11月30日にミズーリ州のフロリダで生まれ、幼少時からのさまざまな経験が作品に活かされています。1869年から新聞で長期連載した『ヨーロッパ旅行体験記』が評判になったことをきっかけに、作家として本格的に活動していくことになります。

 

マーク・トゥエインの残した名言として「アダムはリンゴが欲しいから食べたのではない。禁じられていたからこそ食べたのだ。」というものがあります。許可されているものには見向きもしないのに、禁じられているから興味を持つという人間心理を的確に表したものです。単純に見えて、なるほどそうかもしれないと思わせられる説得力があります。

 

 

スポンサーリンク

 

マーク・トウェインの言葉

 

 

『大きな夢を汚す人間には近づくな。たいしたことない人間ほど人の夢にケチをつけたがるものだ。真に偉大な人間は自分にも成功できると思わせてくれる。』

 

カテゴリー:成功/幸福

私はマーク・トウェインの意見に極めて賛同である。私の周りには、鳩胸は治らないとか、V字バランスは出来ないとか、マイケル・ジャクソンの様には踊れないとか、

>>続きを見る

 

『人間はカメレオンだ。その天性、法則によって、終始行く場所の色をおびる。』

 

カテゴリー:人生/生死

オギャアと生まれたときは、皆同じだった。大体が病院で、あるいは自宅で、時には外で生まれることもあるが、大体が同じスタートだ。

>>続きを見る

 

『友人の果たすべき役割は、間違っているときにも味方すること。正しいときにはだれだって味方になってくれる。』

 

カテゴリー:友情/仲間

例えば『ピエロ』がいたとする。彼は顔を白く塗り、名前を明かさず、ピエロになりきる。達者な芸をして見せ、集まった人を楽しませてもてなす。

>>続きを見る

 

『私は多くの問題を抱えていたが、実際に起きたのはその一部だった。』

 

カテゴリー:人生/生死

私はふと思うことがある。(あれ、そういえば俺、生きてるよな。なんだかんだいって。)つまりその発想は、

>>続きを見る

 

『我々は注意深くなって、一つの経験に含まれている知恵だけを取り出すようにすべきだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『我々は注意深くなって、一つの経験に含まれている知恵だけを取り出すようにすべきだ。そして、そこでやめる。そうではないと、ストーブの熱いフタの上に座った猫になってしまう。

>>続きを見る

 

『赦しとは、踏みにじられたスミレの花がそのかかとに放つ芳香である。』

 

カテゴリー:教育/愛情

踏みにじられたスミレの花。別にラベンダーでも薔薇でもいいが、しかし『彼ら』は我々のその罪深い足に、かかとに、

>>続きを見る

 

『まず事実をつかめ、それから思うままに曲解せよ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

情報は歪曲する。何も、おどろおどろしい話ではない。『伝言ゲーム』を思い出せばいいだけだ。彼らに悪気などあるだろうか。

>>続きを見る

 

『笑いに勝る攻撃はない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『攻撃』という解釈はいろいろあるが、例えばここでは、『ナチュラルキラー細胞』について考えてみよう。ナチュラルキラー細胞は、悪いウイルスや細菌を見つけて殺傷してくれる殺し屋。

>>続きを見る

 

『人間はみな気狂いだと気づいたとたん、人生のふしぎは消えて自明になる。』

 

カテゴリー:人生/生死

アインシュタインは言った。『人生を楽しむ秘訣は普通にこだわらないこと。普通と言われる人生を送る人間なんて、一人としていやしない。 いたらお目にかかりたいものだ 。』そう考えたら、なるほど、

>>続きを見る

 

『頭にきたときは百まで数えよ。最悪のときは毒づけ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

ドイツの哲学者、ヘルダーは言う。『この地上における二人の暴君、それは偶然と時間だ。』ここにこの言葉を貼った意味は、記事中を見ればわかるだろう。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP