名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

国木田独歩 名言/格言

国木田独歩

 

国木田独歩とは(画像

日本作家。生誕1871年

 

 

スポンサーリンク

 

国木田独歩の言葉

 

『武蔵野を散歩する人は、道に迷うことを苦にしてはならない。どの路でも足の向く方向へ行けば、必ずそこに見るべく、聞くべく、感ずべき獲物がある。』

 

カテゴリー:人生/生死

作家、山本周五郎は言った。『一足跳びに山の頂上にあがるのも、一歩一歩としっかりと登ってゆくのも、結局は同じこと。むしろ一歩ずつ登るほうが途中の草木や風物を見ることができるし、一歩一歩を慥(たし)かめてきたという自信をつかむことができる。』彼らは同じことを言っている。内容もその記事に書いた。

>>続きを見る

 

『友を得るに急なるなかれ。親友は自然に得る者なり。』

 

カテゴリー:友情/仲間

デンマークの童話作家、アンデルセンは言った。『山から遠ざかればますますその本当の姿を見ることができる。友人にしてもこれと同じである。』その友人は、『たまたま周りにいた人』ではないか。

>>続きを見る

 

『僕は時間の長短が人の真の交わりに関係するとは信じない。』

 

カテゴリー:友情/仲間

付き合っている時間が長い、血のつながりも濃い、そんな家族が、金を横領して蒸発した。そして、出逢ったばかりの人に運命のシンクロを感じ、そのまま結婚して、子宝に恵まれ、最後まで離婚することはなかった。

>>続きを見る

 

『友を得るに急なる勿(なか)れ。親友は自然に得る者なり。』

 

カテゴリー:友情/仲間

そもそも『友』というものは、欲して得るものではないのだ。

>>続きを見る

 

『忍耐と勤勉と希望と満足とは境遇に勝つものなり。』

 

カテゴリー:自己/精神

耐え忍ぶ忍耐力があり、それを『勉強』だと思う勤勉さがあり、そこで学んだものを糧にして、明日に光を見出す前向きさがあり、

>>続きを見る

 

『男女相愛にして肉欲に至るは自然である。肉交なき恋は、事実にあらずして空想なり。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

姦淫とは、ここで言う『男女相愛』とは違う、一方的なもののことを言う。つまり紀元前1300年に生まれたモーセも(あるいは神も)

>>続きを見る

 

『恋は多くの人生の苦痛を包むオブラートなり。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

綺麗でロマンチックな話なら、女性の得意分野だ。男である私がここに書くべきなのは、こういう事実である。

>>続きを見る

 

『道に迷うことを苦にしてはならない。どの路でも足の向く方へゆけば、必ずそこに見るべく、聞くべく、感ずべき獲物がある。』

 

カテゴリー:人生/生死

『道に迷うことを苦にしてはならない。どの路(みち)でも足の向く方へゆけば、必ずそこに見るべく、聞くべく、感ずべき獲物がある。』山本周五郎は言った。

>>続きを見る

 

『実行せざる思い付きは空想と称し、また妄想と称す。』

 

カテゴリー:自己/精神

思い付きはしたが、それを行動に移さない。その時点では単なる空想だ。それに妄想だ。それを実行するなら、計画になり、戦略になり、人々は耳を傾けるようになる。

>>続きを見る

 

『人はどんな場合に居ても常に楽しい心を持ってその仕事をすることが出来れば、即ちその人は真の幸福な人といい得る。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『人はどんな場合に居ても常に楽しい心を持ってその仕事をすることが出来れば、即ちその人は真の幸福な人といい得る。』国木田独歩のこの言葉を裏打ちする偉人の言葉は、出揃っている。

>>続きを見る

 

『自分を生んだから自分の母だ、母だから自分を育てたのだ。そこで親子の情があれば真実の親子であるが、無ければ他人だ。』

 

カテゴリー:友情/仲間

この話を理解出来ない人間は、『幸せ者』である。幸せ者は往々にして、『ボケ』ている。『平和ボケ』だ。

>>続きを見る

 

『富と功名!これ実に誘惑なり。吾は日々この誘惑に出あう。』

 

カテゴリー:知性/知恵

タキトゥスはこう言い、『繁栄は人間の心にとりて、不運以上にきびしき試練なり。人間は不幸に堪えられうるも、幸福には腐らさる。』こうも言った。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP