名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

近藤勇 名言/格言

近藤勇

 

近藤勇とは(画像

日本武士。生誕1834年

 

 

スポンサーリンク

 

近藤勇の言葉

 

『忘れてはならぬものは 恩義』

 

カテゴリー:自己/精神

恩義とは、人から受けた恩に対する感謝の気持ちを忘れない心である。それを忘れたら最後、そこに残るのは自分の力を過信した、思い上がった空虚な人間の肉体である。何から何まで、自分の力一つでやり遂げ、成し遂げたつもりでいるのだ。

>>続きを見る

 

『捨ててならぬものは 義理』

 

カテゴリー:自己/精神

『恩義』というのは『受けた恩』。『義理』というのは、『人の道』。恩義を忘れないこと。それはそのまま、義理堅い行動となる。もちろん、義理というのはそれだけではない。恩義を忘れないこと以外のことも、義理を守ることの範囲内なのである。

>>続きを見る

 

『人にあたえるものは 人情』

 

カテゴリー:自己/精神

与えるものに、自分のストレスや怒りが入っていてはならない。それは当たり前のことだが、しかしそれを断固として提示しておくことは効果的だ。

>>続きを見る

 

『繰返してならぬものは 過失』

 

カテゴリー:不幸/失敗

世界的投資家、ウォーレン・バフェットは言った。『我々が歴史から学ぶべきなのは、人々が歴史から学ばないという事実だ。』とある経営者は言う。

>>続きを見る

 

『通してならぬものは 我意』

 

カテゴリー:自己/精神

道教の創案者、老子は言った。『自ら自慢する者は業績を認められない。自ら才能を誇る者は、人の長になれない。このような行いはみんなが嫌う。よくわきまえた者は決してそういった行動はしない。』

>>続きを見る

 

『笑ってならぬものは 人の失敗』

 

カテゴリー:不幸/失敗

赤ん坊の頃、我々がやっていたことを思い出せばいい。ところ構わず排泄し、嘔吐し、食べてはならない物を食べては、泣きわめき、親をあれだけ困らせたのである。

>>続きを見る

 

『聞いてならぬものは 人の秘密』

 

カテゴリー:自己/精神

例えば、精神未熟な頃に、自分でもよく説明できない行動を取ることがある。それは、衝動に突き動かされたのだ。なすがままになった。しかし、それは一線を越えていた。

>>続きを見る

 

『お金で買えぬものは 信用』

 

カテゴリー:自己/精神

しかし、実際にはお金の有無によって能力や実力を評価され、取引が行われたり、審査が通ったり、融資が可能と判断されたり、最高のコースを案内されたり、最高の待遇を受けたり、人間関係が構築されていく事実がある。だからこそ余計に人を混乱させているのだ。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP