名言を自分のものにする

広告

 

>  >  >

 

ジャック・ウェルチ 名言/格言

ジャック・ウェルチ

 

ジョン・フランシス・“ジャック”・ウェルチ・ジュニアとは

アメリカ実業家。生誕1935年通称『伝説の経営者』。1935年、アメリカのマサチューセッツ州に生まれたジョン・フランシス・ウェルチ・ジュニアは、ゼネラルエレクトリックの元CEOで、1999年には経済誌「フォーチュン」において、20世紀最高の経営者に選ばれたほどの大実業家です。大学卒業後、ゼネラルエレクトリックに入社すると、33歳で同社の史上最年少のゼネラルマネージャーになり、1981年にはCEOに就任しました。ピーター・ドラッカーを信奉していた彼は、リストラやダウンサイジングといった手法を大胆に取り入れます。その手法は多くの経営者に取り入れられ、今もその経営術は参考にされています。

 

「人に自信を持たせることが私にできるなによりも重要なことである。自信さえ持てば、人は行動を起こすからだ」という言葉から、彼の抜きんでたリーダーシップをうかがい知ることができます。

 

 

スポンサーリンク

 

ジャック・ウェルチの言葉

 

『すぐれたことを成し遂げるのは戦略ではなく、すぐれた人間だ。常に燃え上がれ。ただ進め。冷静な、理性的な言動はいらない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

いかに優れた知識があっても、それを使いこなす人間に知性がなければ、知恵を使ってその知識を活かすことは出来ない。

>>続きを見る

 

『私が臆病者だって?戦うことが目的ではない。勝つことが目的なのだ。しかし、勝ちめがなければ撤退する。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

ビジネスはゲームだ。そのゲームに勝つこと。これに勝る快感はない。

>>続きを見る

 

『事業というものは、もっともらしい計画や予測を立てるから成功するのではない。現実に起こっている変化を絶えず追いかけてそれにすばやく反応するから成功する。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『事業というものは、もっともらしい計画や予測を立てるから成功するのではない。現実に起こっている変化を絶えず追いかけてそれにすばやく反応するから成功する。だからこそ事業戦略はダイナミック(動的)で、かつ先の読みがしっかりしていなければならないのだ。』

>>続きを見る

 

『優れていること、競争力があることは、正直であること、誠実であることと矛盾するものではありません。』

 

カテゴリー:仕事/経営

つまり、正直で、誠実であれば、競争優位に立ち、そして人々から優秀だという評価を押される。

>>続きを見る

 

『自分の運命は自分でコントロールすべきだ。さもないと、誰かにコントロールされてしまう。』

 

カテゴリー:自己/精神

『自分の運命は自分でコントロールすべきだ。さもないと、誰かにコントロールされてしまう。何もしなければ、いずれ誰か他人にビジネスのやり方を変えられてしまう。ならば、自分達で変えてしまった方が良いに決まっている。』

>>続きを見る

 

『あなたは会社を経営しているのであって、社交クラブを開いているのでも、カウンセリングサービスを行っているわけでもない。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『往々にして小規模の組織でよく見かけられる。小さな会社だとボスと肩肘を張らない家庭的な関係を築きやすいし、ボスも仕事上の上下関係を明確にしないことが多い。このような居心地の良い家庭的な関係は裏目に出やすい。

>>続きを見る

 

『ともかくスタートを切ることだ。あなたのためにあると思わせるような天職はいずれやってくる。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『キャリアは長期的なものであり、予想できないものだと言うことだ。まっすぐ順調に進むことはまずない。ジグザグと回り道をし、立ち止まっては動き、あまたの思いもかけないことに出会う。

>>続きを見る

 

『リーダーの良し悪しが判断されるのは社員を採用し、一人一人の社員、チーム全体を等しくコーチングし、やる気を起こさせるかどうかだ。』

 

カテゴリー:仕事/経営

リーダー個人の力を評価して何の意味があるのだ。リーダーの良し悪しが判断されるのは社員を採用し、一人一人の社員、チーム全体を等しくコーチングし、やる気を起こさせるかどうかだ。

>>続きを見る

 

『リーダーになると、成功とは「他人を成長させること」になる。』

 

カテゴリー:成功/幸福

『初めてリーダーになった人へ。リーダーになる前、成功とは、自分自身を成長させることだった。あなたが達成したこと。あなたの業績。リーダーになると、成功とは「他人を成長させること」になる。

>>続きを見る

 

『経営者にとって人を切ることこそ、つらい決断はない。しかし、「人を切るのを楽しむ人間」「人を切れない人間」は会社を経営すべきではない。』

 

カテゴリー:仕事/経営

しかし経営の神、松下幸之助は、『賃上げも、首切りも結構やな。だがしかし、ウチはよそのように人のクビは切れん』と言って、家族経営を徹底した経営者の鏡だ。

>>続きを見る

 

『「効率」という言葉はよくない。「創造性」という言葉を使うべきだ。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『効率』という言葉は良い言葉に決まっているのに、それを『良くない』と言って、次に『創造性にしろ』と言っているということで、浮き彫りになるのは『独創性』である。

>>続きを見る

 

『ビジネスでは、6ヶ月早くやっていれば良かったということはある。しかし、6ヶ月先延ばしにすれば良かったということはまずない。』

 

カテゴリー:仕事/経営

いや、焦らずにじっくり確実にやっていくビジネスの手法はある。例えば、SEOである。あれは、膨張に目が眩み、ブラックハットの手法で人為的にランキングを操作すると、磨きに磨かれたGoogleのクローラーにすぐにとっ捕まり、ペナルティを食らって淘汰される。

>>続きを見る

 

『(ライバルと)差をつけることはきわめてむずかしい。それが簡単だと考えている人は組織にいるべきではなく、それができないと考える人もいるべきではない。』

 

カテゴリー:仕事/経営

まず何よりも大前提として、『差をつけられる』という自信がない人間は、差をつけられない。『差などつけなくていい』と言っている人も、当然差をつけられない。しかし『余裕だよ』と言って過信している人間も、足元をすくわれ、例え差をつけられたとしてもそれは一時的である。

>>続きを見る

 

『余儀なくされる前に、改革せよ。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『前始末』をしなければならない。そうでなければ、後始末に追われる末路を辿るだろう。どちらにせよ始末するなら、前にするのが賢明である。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP