名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

井上靖 名言/格言

井上靖

 

井上靖とは(画像

日本作家。生誕1907年。井上靖は「闘牛」や「氷壁」などの代表作で知られる日本の小説家です。「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」などの有名な名言があります。1907年に北海道旭川市で生まれ、一家の長男でした。1930年頃から本格的に文学活動を開始しており、1950年に発表された短編小説の闘牛は第22回芥川賞を受賞しています。

 

その後も日本芸術院賞や菊池寛賞を始めとする様々な賞を受賞し、1976年には文化勲章が授与されました。1991年1月29日に83歳でこの世を去りますが、2007年には生誕100周年を記念して「風林火山」が大河ドラマ化されています。また、葬儀の際、委員長を作家の司馬遼太郎が務めたことも有名です。

 

 

スポンサーリンク

 

井上靖の言葉

 

『年齢というものには、元来意味はありませんよ。』

 

カテゴリー:人生/生死

ユダヤの諺にこういうものがある。『柔軟性を持っている者は、いくら年をとっても若い者だ。』歳を重ねてもエネルギッシュな人はたくさんいるし、

>>続きを見る

 

『人間というものは、自分が恩恵を受けたたくさんのことを、それを思い出そうとしないと思い出さないものである。』

 

カテゴリー:自己/精神

人間は自分を省みるとき、反省→猛省→内省→内観の順番で、その深さが掘り下がり、強度が上がることになる。

>>続きを見る

 

『どんな幸運な人間でも、一度は死にたい程悲しくて辛いことがある。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

逆に、それが『無い』と決めつけている人は、一体何が言いたいのだろうか。自分が悲劇のヒーロー・ヒロインにでもなったつもりなのだろうか。

>>続きを見る

 

『努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。』

 

カテゴリー:知性/知恵

イギリスの博愛主義者、チャールズ・バクストンの言葉、 『何をするにも時間は見つからないだろう。時間が欲しければ自分で作ることだ。』にも書いたが、『賢い者は時間を作る。愚かな者は言い訳を作る。』

>>続きを見る

 

『自分が歩んできた過去を振り返ってみると、何とたくさんのすばらしい、一生に一度の出会いがあることか。』

 

カテゴリー:人生/生死

自分が歩いているこの人生を、例えば一つの『道』だと考えると、往々にしてこの道は、前へ前へと続く道である。

>>続きを見る

 

『愛が信じられないなら、愛なしで生きてごらん。』

 

カテゴリー:教育/愛情

『愛が信じられないなら、愛なしで生きてごらん。世の中が信じられないなら、世の中を信じないで生きてごらん。人間が信じられないなら、人間を信じないで生きてごらん。

>>続きを見る

 

『努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『何をするにも時間は見つからないだろう。時間が欲しければ自分で作ることだ。』ここに書いた、『賢い者は時間を作り、愚かな者は言い訳を作る。』

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP