名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

井伏鱒二 名言/格言

井伏鱒二

 

井伏鱒二とは(画像

日本作家。生誕1898年

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

井伏鱒二の言葉

 

『花に嵐のたとえもあるぞ。「さよなら」だけが人生だ。』

 

カテゴリー:人生/生死

花は綺麗に咲き誇り、そして虚しく散っていく。このこと一つを考えても、この世にある一切の生命の一生は、儚く、虚しいものである。

>>続きを見る

 

『もう愛してくれなくなった恋人は、電車のなかで人の足を踏んで空嘯いている男のようなものである。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

空嘯くというのは、知らん顔をするとか、そういう意味だ。だとしたら、その通りだろう。そうじゃない方が、逆に未練がましくて潔くない。ストーカー殺人に発展することもある。それを考えると、むしろ自然であり、健全である。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP