名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >  >

 

ドストエフスキー 名言/格言(3ページ目)

 

 

『絶望の中にも焼け付くように強烈な快感があるものだ。ことに自分の進退窮まった惨めな境遇を痛切に意識するときなどはなおさらである。』

 

カテゴリー:自己/精神

絶望の中にいるのに、快感を感じている。この意味を考えた時、まず思い浮かべたいのは、小説家、吉川栄治のこの言葉である。

>>続きを見る

 

『感情は絶対的である。そのうちでも嫉妬はこの世で最も絶対的な感情である。』

 

カテゴリー:自己/精神

感情は誰にでもある。誰にでもあって、それがないならそこに『人間』はいない。クールな人とか、素っ気ない人は腐るほどいるが、感情がない人間など存在しない。

>>続きを見る

 

『「人類に対する愛」という言葉は、自分が心の中で作りあげた人類に対する、つまり己れに対する愛である。』

 

カテゴリー:自己/精神

『人類』と言ってしまっている時点で、『人間崇高主義』だ。『全ての人達の平和』と言っている時点で、人間崇高主義なのだ。『全ての森羅万象が公明正大であるべきだ』と言わなければならない。そうじゃなければ、人間崇高主義だ。

>>続きを見る

 

『本当の真実というものはいつでも真実らしくないものだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『本当の真実というものはいつでも真実らしくないものだ。真実をより真実らしく見せるためには、どうしてもそれに嘘を混ぜる必要がある。だから人間はつねにそうしてきたものだ。』

>>続きを見る

 

『良心の自由ほど魅惑的なものはないけれど、またこれほど苦しいものはないのだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

いっそのこと、良心も悪心も存在せず、たった一つの心だけがそこに存在している方が楽だった。何しろ、その両派に分かれていることによって生まれるのは、混沌だ。

>>続きを見る

 

『どうか偶然なんてことをあてにしないでください。偶然のない人生というのもあるのですから。』

 

カテゴリー:知性/知恵

偶然のない人生ということになると、そこにあるのは『必然』な人生である。しかし、田舎の人間が都会に出てきて、たまたま地元の人間に会った。だとしたら、それは偶然ではないのだろうか。そういうことは多くの人に当てはまる印象を受ける。

>>続きを見る

 

『思いやりこそは最も重要な、そしておそらくは全人類の唯一の生活の規範なのだ。』

 

カテゴリー:教育/愛情

この『思いやりは唯一の』という言葉を聞くと、思いやりという言葉だけが、世界で唯一の、至高のものである、という印象を受けるが、実際は、『思いやり』だけではない。

>>続きを見る

 

『女にとっての復活は、あらゆる破滅からの救いと更生は、愛のなかにある。』

 

カテゴリー:教育/愛情

そこにも書いたが、この言葉は本当で、恋をしている女性は、女性ホルモンがルンルンと輝き、内から、外から、これでもかというほど美が放出されている。

>>続きを見る

 

『人生で何よりも難しいのは、嘘をつかずに生きることだ。そして、自分自身の嘘を信じないことだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

嘘をつかずに生きるのは難しい。そして、自分が自分の為についた嘘を信じる方が、あまりにも楽である。

>>続きを見る

 

『人間という奴はいつでも、人に騙されるよりは自分で自分に嘘をつきたがるものなのだ。そして、無論、人の嘘より自分の嘘の方を余計に信じるのだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

そこに書いた記事の内容と併せて考えたい。『自分に自信がない』と口癖のように言う人間は、往々にしてナルシストである。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

シェア

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


↑ PAGE TOP