名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

大江健三郎『もう取り返しがつかないことをしなければならない、と思いつめたら、その時、「ある時間、待ってみる力」をふるい起すように!』

大江健三郎


日本作家 大江健三郎画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


人がいる。ということは、親がいる。ということは、その親がいる。ということは、その親もいる。そうして我々は、命を繋がれ、今を生きている。

 

ナポレオン・ヒル の名著、『道は開ける』にはこうある。科学的な確率でいえば300兆分の1の確率で、両親から生まれているのだ、と。

 

この世に生まれたこと自体が、奇跡なのだ。そんな奇跡の人生を、100%等身大で生きなくてどうするというのだ。我々は、ほかの存在になることはできないし、なる必要などない。

 

今までその代々の親たちだって、『親』になる前に、少年、少女だった。苦しい思いもしただろう。悲しい思いもしただろう。病を克服し、怪我を乗り越え、死に直面し、経済的窮地を経験し、奇跡的に繋がれた命を、我々は生きているのだ。そのことについて、じっくりと考えるべきである。

 

見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

ピンチ

 

1.『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。

 

17.『それは『行き止まり』ではない。ただの『曲がり角』だ。

『目の前に壁が立ち塞がった』って、そりゃあそうだろう。『迷路』をやっているのだから。

 

風林火山

 

29.『耐え忍ぶことができる人間でなければ、大局を見極めることは出来ない。

孫子の兵法、『風林火山』の極意を見極めよ。

 

まだまだこれからである。

 

 

関連リンク:『生きたいと言えぇ!!』 ロビン『生ぎたいっ!!!!』

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

29.『耐え忍ぶことができる人間でなければ、大局を見極めることは出来ない。

孫子の兵法、『風林火山』の極意を見極めよ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『絶望などない。あるのは希望だけだ。』

 

 

黄金律

『『不幸』などない。あるのは、目の前で淡々と起きている現象に反応する、人間の心である。』

 

 

黄金律

『希望は貧者のパンである。そして、絶望は貧者のカビである。』

 

 

 

 

大江健三郎『もう取り返しがつかないことをしなければならない、と思いつめたら、その時、「ある時間、待ってみる力」をふるい起すように!』


スポンサードリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『教わって「知る」、それを自分で使えるようになるのが「分かる」。そのように深めるうち、初めての難しいことも自力で突破できるようになる。それが「さとる」ということ。』

 

『たとえ、問題がすっかり解決しなかったとしても、じっと考える時間を持ったということは、後で思い出すたびに意味があったことがわかります。』

 

『一方的な選択を過去から現在、そして未来へ持続していこうとする一貫性が、その人間の人格ということになる。』

 

『文学は、人間を根本から、励ますものでなければならないと思います。』

 



↑ PAGE TOP