名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

宮沢賢治『優秀な人間は議論や分析が先行し、それで終わってしまうことが多い。行動に移さねば意味がない。』

宮沢賢治


日本作家 宮沢賢治画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『机上の空論』になることが多いということだ。

 

岩崎彌太郎はこう言い、

『自信は成事の秘訣であるが、空想は敗事の源泉である。』

 

稲盛和夫は言う。

『楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する。』

 

頭であれこれと考えているだけでは、話が進まない。そういう人は逆に、『世の中の全ては自分の頭で考えた通りになる』と思い込み、過信しているところがあることを疑うべきである。自分の頭が優秀で、過去に『確かに考えた通りになった』という事例が多いほど、そうした事例に依存し、気づいたら過信してしまうということがある。

 

しかし、本当に賢明な人間なら、『人生は思い通りにはいかない』ことをよく知っているはずである。それに気が付けないなら、自分の頭は本当は優秀ではなく、『頭だけで何とかしようとするエゴに支配されている弱者』という考え方を、持つようにしたいところだ。

 

 

こういう話がある。

 

男たち幹部連中が、会社の命運を決める会議を何時間もしていたとき、ある女性が『お腹が空いたのでそろそろお昼にしませんか?』と言ったのでその通りに休憩をした。

 

すると、滞っていたはずの会議がテンポよく進み、さっきまでどんよりとして、行き詰っていた空気も明るくなり、さっきまで出ていたはずの『会社を潰すしかない』という選択肢を、取らずに済んだというのだ。

 

やったって、やらなくたって、どうせ死ぬのだ。だとしたらいっそのこと、思い残すことのないように前向きに行動し、悔いなく、潔くこの世を去りたい。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

25.『自分のものに出来ない知識は、自分の知識とは言えない。

知識と知恵は違う。それを理解するのが知性だ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

宮沢賢治『優秀な人間は議論や分析が先行し、それで終わってしまうことが多い。行動に移さねば意味がない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『誰だって、ほんとうにいいことをしたら、いちばん幸せなんだねえ。』

 

『誓って言うが、わたくしはこの仕事で疲れを覚えたことはない。』

 

『どうも、ちょうどよく働くことほど、体に良い事は無いですな。』

 

『真の幸福に至れるのであれば、それまでの悲しみは、エピソードに過ぎない。』

 

『自分が真実から目をそむけて子どもたちに本当のことが、語れるのか。』

 

『永久の未完成、これ完成である。』

 

『無意識から溢れるものでなければ、多くは無力か詐偽である。』

 

『世界全体が幸福にならないかぎりは、個人の幸福はありえない。』

 

『一つずつの小さな現在が続いているだけである。』

 

『雨にも負けず 風にも負けず 雪にも夏の暑さにも負けぬ 丈夫なからだをもち 慾はなく 決して怒らず いつも静かに笑っている』

 

『何がしあわせかわからないです。本当にどんなに辛いことでも、それが正しい道を進む中の出来事なら峠の上りも下りもみんな本当の幸せに近づく一足づつですから。』

 



↑ PAGE TOP