名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

宮沢賢治『あなたの方から見たら ずいぶんさんたんたるけしきでしょうが わたくしから見えるのは やっぱりきれいな青ぞらと すきとおった風ばかりです。』

宮沢賢治


日本作家 宮沢賢治画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


例えば電車に座っていて、対面にも人が座っている。その中で、その対面の人間にそうして語り掛けるとする。

『あなたの方から見たら ずいぶんさんたんたるけしきでしょうが わたくしから見えるのは やっぱりきれいな青ぞらと すきとおった風ばかりです。』

 

 

別にこの言葉は、その解釈で間違いはないのである。

 

つまり、ラッセルはこう言い、

『世界の災いの一つは、何か特定のことを独断的に信ずる習慣である。理性的な人間なら、自分が絶対に正しいなどとむやみに信じたりはしないだろう。私たちは常に、自分の意見にある程度の疑いをまじえなければいけない。』

 

瀬戸内寂聴はこう言い、

『老人も中年も若者も、自分たちが一番正しいという誤った自信を捨て、無垢な感性を取り戻し、自分をもっと柔軟にしていけば、滑らかな人間関係が生まれてくるはずです。』

 

相田みつをはこう言ったが、

『セトモノとセトモノとぶつかりっこすると すぐこわれちゃうどっちかがやわらかければだいじょうぶ やわらかいこころを持ちましょう。』

 

この世というものは、見る場所が違えば、見える景色も変わってくるのであり、だとしたら、自分の目の前に広がる光景が見るに堪えないものであったとき、ちょっと見る場所や見方を変えれば、その目でもこの世の絶景を見ることが出来るということだ。

 

それなのに、その様なほんの少しの努力もせず、その場にじっとして頑迷な態度を貫き、愚痴ばかり言っているのであれば、そこにいるのは単なるナルシストである。もう、『そうしたい』のだ。そういう人は。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『それしかできない』のではない。『それができる』のだ。』

 

 

黄金律

『『どうせできない』ではない。『どうせ死ぬのだ』という考え方で、命を使い切るべし。』

 

 

 

黄金律

『『もうすぐ終わる』のではない。『まだ、生きている』のだ。』

 

 

 

 

宮沢賢治『あなたの方から見たら ずいぶんさんたんたるけしきでしょうが わたくしから見えるのは やっぱりきれいな青ぞらと すきとおった風ばかりです。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『誰だって、ほんとうにいいことをしたら、いちばん幸せなんだねえ。』

 

『誓って言うが、わたくしはこの仕事で疲れを覚えたことはない。』

 

『どうも、ちょうどよく働くことほど、体に良い事は無いですな。』

 

『真の幸福に至れるのであれば、それまでの悲しみは、エピソードに過ぎない。』

 

『自分が真実から目をそむけて子どもたちに本当のことが、語れるのか。』

 

『永久の未完成、これ完成である。』

 

『無意識から溢れるものでなければ、多くは無力か詐偽である。』

 

『世界全体が幸福にならないかぎりは、個人の幸福はありえない。』

 

『一つずつの小さな現在が続いているだけである。』

 

『雨にも負けず 風にも負けず 雪にも夏の暑さにも負けぬ 丈夫なからだをもち 慾はなく 決して怒らず いつも静かに笑っている』

 

『何がしあわせかわからないです。本当にどんなに辛いことでも、それが正しい道を進む中の出来事なら峠の上りも下りもみんな本当の幸せに近づく一足づつですから。』

 



↑ PAGE TOP