名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

錦織圭『勝つのもいいけど、すっぱり負けるのも悪くないよ。』

錦織圭


日本プロテニスプレイヤー 錦織圭画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


まず見るべきなのは、こういうイメージである。

 

 

それまでは、この一本道しかなかった。その為には、勝って、勝って、勝ち続けなければならなかった。それ自体はいい。むしろ、素晴らしい人生の生き方だ。

 

だがある時、ちょっと疲れて、隣の道に逸れてそこで休憩しようとしたら、その場所に、今まで見たことがなかった綺麗な花が咲いていた。

 

 

(きっとあのままあの道だけをひた歩いていたら、この花を見ることは無かっただろうなあ。たまには道を逸れてみるのも、いいものだな。)

 

勝ち続けるだけが、人生の醍醐味ではない。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

1.『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。


>>続きを見る

 

36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


>>続きを見る

 

37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生のあらゆる艱難辛苦とは、バネにかかる圧力である。』

 

 

黄金律

『艱難辛苦とは、自分の器を削る作業に他ならない。器を大きくしている間は、少しくらい我慢しなければならない。』

 

黄金律

『逆境?窮地?それはそうだろう。枯渇したのだ。それはスポンジが水を吸収する用意が整ったことを意味する。』

 

黄金律

『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

 

 

黄金律

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

 

 

錦織圭『勝つのもいいけど、すっぱり負けるのも悪くないよ。』


スポンサーリンク

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『前に勝ったことは自信になるが、その時よりも、今回の方が、より勝てる可能性は広がっている。』

 

『少しずつ目標を高いところにおいて、徐々に上がっていければいいんじゃないかと思います。』

 

『まずは目の前のボールだけ集中する。一瞬一瞬、自分にやれることをやろうと考えて。』

 

『試合に勝つだけじゃなくて、どうにかしてテニスを楽しもうと自分でもしてるんだろうと思います。言葉で説明するのはたぶん無理ですね。』

 

『ネットの向こう側に誰がいようと気にしない。』

 

『やりたいプレーと勝つプレーが違うので、今、自分と闘っています。』

 

『格好悪くても、勝つことが一番大事。』

 

『自分で天才って感じることはないです。そんなにすごい人間だとは思っていないので。』

 

『ライバルや各上の相手を尊敬し過ぎるなと言われたのを覚えています。』

 

『体力をなるべく使わないことが優勝へのカギ。』

 

『本番のゲームでしか体験できないことがある。そして、それを体験することが自分をより高めることになるんです。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP