名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

錦織圭『ネットの向こう側に誰がいようと気にしない。』

錦織圭


日本プロテニスプレイヤー 錦織圭画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


確かに錦織を見ていると、そういう風に、どこかあっけらかんとしている印象を受ける。それは、幼少時代のVTRを見ても同じなのだ。相手が年上だとか、格上だとか、そういうことに気を取られていない印象なのだ。

 

だからこそ余計な感情に囚われずにプレイに集中できて、結果的に勝利を手にすることが出来るのかもしれない。

 

羽生善治は、

『相手のことを知るよりも、自分自身が強くなればそれで済む世界だし、それを目指したほうが本筋というか、王道という気がしたんです。』

 

と言い、長嶋茂雄も、

『うーん、この試合は、一点でも多く取った方が勝ちでしょう。』

 

と言ったが、この辺りの天才的発想を、この錦織圭も持っているのかもしれない。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

錦織圭『ネットの向こう側に誰がいようと気にしない。』


スポンサーリンク

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『勝つのもいいけど、すっぱり負けるのも悪くないよ。』

 

『前に勝ったことは自信になるが、その時よりも、今回の方が、より勝てる可能性は広がっている。』

 

『少しずつ目標を高いところにおいて、徐々に上がっていければいいんじゃないかと思います。』

 

『まずは目の前のボールだけ集中する。一瞬一瞬、自分にやれることをやろうと考えて。』

 

『試合に勝つだけじゃなくて、どうにかしてテニスを楽しもうと自分でもしてるんだろうと思います。言葉で説明するのはたぶん無理ですね。』

 

『やりたいプレーと勝つプレーが違うので、今、自分と闘っています。』

 

『格好悪くても、勝つことが一番大事。』

 

『自分で天才って感じることはないです。そんなにすごい人間だとは思っていないので。』

 

『ライバルや各上の相手を尊敬し過ぎるなと言われたのを覚えています。』

 

『体力をなるべく使わないことが優勝へのカギ。』

 

『本番のゲームでしか体験できないことがある。そして、それを体験することが自分をより高めることになるんです。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP