名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

伊藤博文『いやしくも天下に一時一物を成し遂げようとすれば、命懸けのことは始終ある。依頼心を起こしてはならぬ。自力でやれ。』

伊藤博文


日本政治家 伊藤博文画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


目の前で子供が車に轢かれそうになっている。自分が身を挺して助ければ、あるいは子供の命は助かるかもしれない。しかし、おそらく自分は死ぬだろう。

 

自分にも子供がいる。自分が死んだら、誰がその子の面倒を見ると言うのか。しかし、かといって目の前の無辜な命をないがしろにし、見て見ぬフリをして、その後の人生を生きながらえることが出来るか。

 

そう考えた時、『命懸けのこと』というのは、別に全ての人にあるわけでそれを意識するか、しないで『無いことにする』か、ということなだけだ。

 

今日を無事に自分とその家族が生き延びることが出来ても、自分の視野の範囲外で、理不尽に無辜な命が亡くなっている。それなのに、『自分たちは幸せだ』と思っているのであれば、その光景の中にいる人間は、あまり『人間』には見えない。

 

 

家族はもちろん、大事だ。しかし、今日死んだその命も、同じだけ大事だ。動物の中には、子供を産んだと同時に命を落とす生き物がいる。我々生命の一生とは、今日も明日も、生まれて死ぬまで、命懸けなのである。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

伊藤博文『いやしくも天下に一時一物を成し遂げようとすれば、命懸けのことは始終ある。依頼心を起こしてはならぬ。自力でやれ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『国の安危存亡に関係する外交を軽々しく論じ去って、何でも意の如く出来るがごとくに思うのは、多くは実験の無い人の空論である。』

 

『いやしくも天下に一事一物を成し遂げようとすれば、命懸けのことは終始ある。依頼心を起こしてはならぬ。自力でやれ。』

 

『私の言うことが間違っていたら、それは間違いだと徹底的に追及せよ。君らの言うことがわからなければ、私も君らを徹底的に攻撃する。』

 

『たとえここで学問をして業が成っても、自分の生国が滅びては何のためになるか。』

 

『本当の愛国心とか勇気とかいうものは、肩をそびやかしたり、目を怒らしたりするようなものではない。』

 

『大いに屈する人を恐れよ。いかに剛にみゆるとも、言動に余裕と味のない人は大事を成すに足らぬ。』

 



↑ PAGE TOP