名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ゲーテ『自由でないのに自由であると考えている人間ほど、奴隷になっている。』

ゲーテ


ドイツ詩人 ゲーテ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『虚像の奴隷』だ。自分が信じ込んでいる、その『自由』という虚像の奴隷になっている。例えばこういうことだ。

 

(世界はなんてすばらしいんだ!この飼い主も、いつもお腹が空いたらご飯をくれるし、たくさんの友達が覗きに来てくれて、声をかけてくれる。僕はこの世界が大好きだ!)

 

と思っている『鳥かごの中の鳥』がいたとしよう。では、彼は本当に『自由』なのだろうか。

 

 

ニーチェは言った。

『論理は完全な虚構の見本である。

現実の中には論理などは存在せず、現実はまったく別の複雑極まりないものである。我々は実際の出来事を思考においていわば簡略化装置で濾過するように、この虚構を図式化することによって記号化し、論理的プロセスとして伝達および認識可能なものとする。』

 

 

ニーチェから言わせれば、今人間が認識している一切の概念を信用しきって安心している、全ての人間も、その虚構の信仰者であり、ある種の奴隷である。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

ゲーテ『自由でないのに自由であると考えている人間ほど、奴隷になっている。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『すべてを自分自身のおかげだと思うとしたら、それ以上進歩はできない。』

 

『バラの季節過ぎたる今にして初めて知る、バラのつぼみの何たるかを。』

 

『逸話集や格言集は社会人にとって最大の宝である。もし前者を適当な場所で会話の中に混ぜ、後者を適切な場合に想起するならば。』

 

『気持ちよい生活を作ろうと思ったら、済んだことをくよくよせぬこと、めったに腹を立てぬこと、いつも現在を楽しむこと、とりわけ、人を憎まぬこと、未来を神にまかせること。』

 

『行為の最中にも思考の余地がある。』

 

『自分の一生の終わりを初めと結びつけることのできる人は最も幸福である。』

 

『焦ることは何の役にも立たない。後悔はなおさら役に立たない。焦りは過ちを増し、後悔は新しい後悔をつくる。』

 

『人はあまりにもつまらぬものを読みすぎているよ。時間を浪費するだけで、何も得るところがない。そもそも人は、いつも驚嘆するものだけを読むべきだ。』

 

『人間の最大の罪は不機嫌である。』

 

『前進をしない人は、後退をしているのだ。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP