名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

尾田栄一郎『芸術とエンターテイメントは違います。芸術とは自分を主張するもので、エンターテイメントは人の為の作品づくりです。』

尾田栄一郎


日本漫画家 尾田栄一郎

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『芸術とエンターテイメントは違います。芸術とは自分を主張するもので、エンターテイメントは人の為の作品づくりです。

 

22歳で連載を始めたONE PIECE。カラーイラストに1つの葛藤がありました。実は僕は、濁った色が大好きで、シブ~イイラストが、本当は描きたかったんです。

 

しかし「少年達は原色が好きだから」とかなり無理をして、鮮やかな色を使っていました。今思えばその原色への抵抗って、自分が子供っぽい人間だと思われたくないとか、大人にも認めてほしいとか、自分を知って欲しいという主張だったんじゃないかと思います。』

 

 

逆に私は、最初の方のその原色の色使いをしている、コミカルなワンピースは、あまり好きではなかった。今、原色は原色でも、やはりどこかに『淡さ』が入ったものが多い印象を受ける。

 

かつて、チョッパー関係の映画の時、敵キャラがやけに紫とか、そういう派手な色の原色で、いかにも子供ウケだけする、ガキ用のアニメということで、20歳を超えていた私から見たら、あまり面白くなかった。

 

しかし、それが改善されている印象を得るのだ。それはどこかに、作者の『主張』が混入しているのかもしれない。

 

人の為に尽くすエンターテインメントだと言う気持ちは、『売れなければならない』義務を背負っている人間なら、皆よくわかっている。だが、自分の人生をこの作品一つに費やすような状況を俯瞰で見た時、その作品は、作者の『芸術』そのものではないだろうか。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『広告とは、そこにある実質という唯一無二の価値を、より多くの価値観の違う人間に理解してもらうために行う、情報のカスタマイズである。』

 

 

 

尾田栄一郎『芸術とエンターテイメントは違います。芸術とは自分を主張するもので、エンターテイメントは人の為の作品づくりです。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『どうやら、自分達の冒険があまりに楽しすぎて、後世に名を残す事を忘れてしまったらしい。まったく海賊って人種は、これだから困る。』

 

『何でドラマを重視したかっていうと、『ドラゴンボール』があったから。』

 

『「おれはお前みたいに頑張って、報われなかった奴を見た事がない」 泣けた。』

 

『中学の時、写生大会で大満足の写真の様な絵を描いた。特選で当たり前だと思ったけど、入選。特選の絵は、中学生らしい元気いっぱいの絵だった。』

 

『『ONE PIECE』は最後がいちばん盛り上がるマンガにします。』

 

『一度人気が出たら惰性でそのままの状態が続けていけばいい、と錯覚してしまう人もいるかもしれない。でもそうなった時点で、それはもう保持ではなくて”後退”なんです。』

 

『うまくいったら自分の実力、失敗したら自分のせい。こういうのが好きです。 』

 

『追いつめられれば追いつめられるほ程、自分でもわからないパワーが出てくる。』

 

『そこは実力がどうとかって考えるより、運と捉えておかないと、数字が下がった時にどうしていいかわからなくなっちゃうと思うんですよ。』

 



↑ PAGE TOP