名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >   >  >  >

 

司馬遷『寧(むし)ろ鶏口となるとも牛後となるなかれ。』

司馬遷


中国哲学者 司馬遷画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


大きな組織の歯車の一部として終わるくらいなら、小さな組織でもいいから、それを主体的に取り仕切り、先陣を切って活躍するような甲斐性のある人間になるべきである。

 

 

いや確かに、歯車の一部として生きることも、立派な人生だ。だが、自分の命が唯一無二で、尊いものであるということを本当に知った人は、どういう行動をとるべきだろうか。

 

自分の心と、よく相談して決断するべきである。何しろこの人生は、一度しかない。そして、その最大のパートナーであり相談相手は、自分しかいないのだ。自分が、決めるのだ。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

司馬遷『寧(むし)ろ鶏口となるとも牛後となるなかれ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『士は己を知る者のために死す。』

 

『先(ま)ず、隗より始めよ。』

 

『桃李言わざれども、下自ら蹊を成す。』

 

『良賈は深く蔵して虚なるが如し。』

 

『知ることが難しいのではない。いかにその知っていることを、身に処するかが難しいのだ。』

 

『相手が失策だったと気付いていることは、その過失を極言してはいけない。』

 

『断じて行えば、鬼神もこれを避く。』

 

『千軍は得易きも、一将は求め難し。』

 



↑ PAGE TOP