名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ラ・ロシュフーコー『友情のための最大の努力は、友人に我々の欠点を見せることではない。彼に彼の欠点を悟らせることだ。』

ラ・ロシュフーコー


フランスモラリスト ラ・ロシュフーコー画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


これがどれだけ難しいか。まず人というものは、自分の欠点をつかれると自己防衛本能によって、とっさに反論、言い返しをするか、あるいは (自分の弱点を突いて、倒そうとしてくる敵だ)と認識し、相手を敵視してしまう傾向がある。

 

しかし、『痛い』のはそれだけ『的のど真ん中を射た』わけであり、その『ど真ん中に的中させた相手』は、真の友人の名にふさわしい。

 

普通、的は外れる。それだけ人は、他人のことに興味がないからだ。興味がないということは当然分析ミスをする。それは判断ミスだ。そういう人が撃った矢など、的を捉えない。

 

的

 

しかし『ど真ん中を射た』のだ。それは、自分の事を考え抜いてくれた証拠である。だが実際には、ど真ん中を射られた人は、防御本能に支配される。

 

(あいつさえそんなことを言わなければスムーズだった)と言って敵視し、隠蔽、捏造、時に仕返しを画策する。

 

彼の為を思って言ったのに、その彼に誤解され、言われもない不当な扱いを受けるのだ。まるで、毒を抜いてあげようとして毒に自らの手を差し出し、その毒に逆に侵されてしまうように。

 

だからといって『見て見ぬフリ』をする人間に、『友情の為の努力』などない。人の為にどこまで熱くなれるか。人の為にどこまで損を買って出れるか。『その覚悟』が、友情の絆の度合いを決めるのだ。

 

相手の毒を飲み、自分が毒に侵される。それを客観的に見たその相手が、

 

(あいつのあの毒は、まさか元々自分にあった毒?)

 

そう気づくことが出来たとき、もしかすると自分の余命はもうわずかしかないかもしれない。彼の為に、命を削ったのだ。

 

立ち向かう

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

22.『本当の友人とは。

真の友人は『失意時代』にわかる。『得意時代』に群がる人間を過信するな。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『なぜ必要以上の化粧をしている。なぜ人目を気にしておどけているのだ。ピエロのパラドクスを知れ。』

 

 

 

 

ラ・ロシュフーコー『友情のための最大の努力は、友人に我々の欠点を見せることではない。彼に彼の欠点を悟らせることだ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言

『嫉妬は常に恋と共に生まれる。しかし必ずしも恋と共には滅びない。』

 

『我々は、幸福になるためによりも、幸福だと人に思わせるために四苦八苦しているのである。』

 

『人は、他人と違っているのと同じくらい自分自身とも違っている時がある。』

 

『死と太陽は直視することは不可能である。』

 

『自分ひとりが賢いものになろうとするのは大馬鹿者である。』

 

『知はいつも情に一杯食わされる。』

 

『他人に欺かれるもっとも確実な手段は、他人よりも自分のほうが狡猾だと思うことである。』

 

『よもや他人の迷惑にはなるまいと思っているときに、他人の迷惑になっていることがよくあるものである。』

 

『人間には、裏切ってやろうとたくらんだ裏切りより、心弱きがゆえの裏切りのほうが多いのだ。』

 

『不可能なことはない。すべてに至る道がある。』

 

『われわれは生涯の様々な年齢にまったくの新参者としてたどりつく。だから、多くの場合、いくら年をとっても、その経験においては経験不足なのである。』

 

『運も健康と同じように管理する必要がある。好調な時は充分に楽しみ、不調な時は気長にかまえ、そしてよくよくの場合でない限り、決して荒治療はしないことである。』

 

『情熱は、つねに人を説き伏せる無類の弁舌家である。』

 



↑ PAGE TOP