名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

鈴木敏文『スーパーも百貨店も、昔からのやり方に慣れ切っている。社風を変えようと口で言うのは簡単だが、無理しないと変えられない。』

鈴木敏文


日本実業家 鈴木敏文画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


昔からのやり方に慣れきっているのは、何もスーパーや百貨店だけではない。学校、部活、部署、家庭、人間関係が存在していて、時間が少しでも経っている場所なら、そこには必ず『慣習』が存在している。

 

そして往々にしてその慣習は、そこにいる既存の人達にカスタマイズされていて、その人たちにとって『居心地』が良いものとなっている。

 

バーナード・ショーは言った。

『人は習慣を好む、なぜならばそれを作ったのは自分だから。』

 

『無理しないと変えられない』のは、それが理由である。『自分向け』に仕上げられていたその仕様を、『お客向け』に仕上げ直すことが出来る人間は、私利私欲に心を蝕まれていない、まごころのある人間である。当然、そういう企業しか生き残ることはできない。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

32.『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。

流動変化するこの世の真理を知り、それに最適化し続けよ。


>>続きを見る

 

33.『前進あるのみ。それ以外は後退だ。

停滞は後退。人は生まれた時から老化していて、この世は流動変化している。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

鈴木敏文『スーパーも百貨店も、昔からのやり方に慣れ切っている。社風を変えようと口で言うのは簡単だが、無理しないと変えられない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『スーパーも百貨店も、昔からのやり方に慣れ切っている。社風を変えようと口で言うのは簡単だが、無理しないと変えられない。』

 

『市場の空白地帯を探り続ける。顧客から変わらぬ支持を得るには、その努力が不可欠なのです。』

 

『顧客に新しいものを提供する。私の頭のなかにあるのは常にそのテーマです。』

 

『みんながやるのを見てから始めるのでは遅すぎる。』

 

『売り手はとかく、「競争相手に負けない商品をつくる」といった発想をしてしまいがちです。しかし、それを買う顧客にとっては、何の意味もありません。』

 

『逆に自分たちは負けていると思って差を埋めることばかりに汲々とすると、ものまねに陥ります。いずれも顧客は離れていきます。』

 

『消費者と向き合う仕事において忘れてならないのは、今は価格ではなく、質を競争する時代に入ったことです。』

 

『石垣のように、基礎からきちっと積み上げているからこそ、上質さと手軽さを両立させた商品を投入し、新たな需要を掘り起こすことができるのです。』

 

『顧客は常に新しいものを求める。これはわかりきったことのようにも思えます。でも我々は、いったん売り手の側に回ると、顧客の心理を忘れて、過去の経験をもとに同じことを繰り返してしまう。』

 

『トレードオフというと「二者択一」と訳され、どちらか一方をとり、 もう一方は切り捨てるというとらえ方が多いようですが、これは正しい理解ではありません。』

 

『同じ「気温20度」でも、真夏と真冬では感じ方がまったく違ってくるように、 数字は見方次第でいくつもの読み方ができます。』

 



↑ PAGE TOP