名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

黒澤明『これでもか、これでもかと頑張って、一歩踏み込んで、それでも粘ってもう一頑張りして、もう駄目だと思ってもズカッと踏み込んで、そうしていると突き抜けるんだ。』

黒澤明


日本映画監督 黒澤明画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ニーチェは言った。

『ものごとを完成させるには、才能や技量よりも時間による成熟を信じながら絶えず進んでいくという気質が、決定的な役割を果たす。』

ここで考えたいのは、

10年ルール、 1万時間の法則、 クリティカルマス、 量質変化

についてである。

10年ルールとは、
『世界レベルの業績に達するまでに少なくとも10年かかる』という法則。

1万時間の法則とは、
『人が何かに習熟してスペシャリストになるまでにかかる時間』を示唆した法則。

クリティカルマスとは、
『量が積み重なって、質的な変化を起こす臨界点』 を指す言葉。

量質変化とは、
『量が積み重なると、あるとき質的な変化を起こす現象』の意味。

もう10年やったのだろうか。

もう1万時間やったのだろうか。

自分の能力が、質的な変化を起こすまで、量を積み重ねていないなら、それは単なる『努力不足』だ。そう、レッテルを貼られる。

関連リンク:『天才の仕組み


 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク
『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


>>続きを見る

 

37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


>>続きを見る

 

38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

黒澤明『これでもか、これでもかと頑張って、一歩踏み込んで、それでも粘ってもう一頑張りして、もう駄目だと思ってもズカッと踏み込んで、そうしていると突き抜けるんだ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『私はまだ、映画がよくわかっていない。』

 

『人間自分の苦労に正比例して価値判断をしてはならない。』

 

『些細なことだといって、ひとつ妥協したら、将棋倒しに全てが壊れてしまう。』

 

『悪魔のように細心に、天使のように大胆に。』

 

『生きているのは苦しいとかなんとか言うけれど、それは人間の気取りでね。正直、生きているのはいいものだよ。とても面白い。』

 

『泥沼にだって星は映るんだ。』

 

『世界中の優れた小説や戯曲を読むべきだ。それらがなぜ『名作』と呼ばれるのか、考えてみる必要がある。』

 

『生まれた時から地獄に慣れているから、天国へ行けなんて言われると恐怖で震え上がってしまう。』

 

『ハッキリと言わなければ、かえって人を傷付けることもある。』

 

『悪いところは誰でも見つけられるけれど、いいところを見つけるのは、そのための目を磨いておかないとできない。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP