名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ハインリヒ四世『死を願望するものは惨めであるが、死を恐れるものはもっと惨めである。』

ハインリヒ四世


神聖ローマ皇帝 ハインリヒ四世


人は死ぬことが決まっている。だから、あえてその死を早めようとするのは馬鹿げている。しかし、死にたい人はいるだろう。だがどちらにせよそれは、馬鹿げている。

 

何度も言うが、別に何をしてもどうせ死ぬんだから、自ら死ぬことで、もしかしたら周りの人もその負に道連れになるかもしれないのだから、そういう配慮の無さを考えても、馬鹿げている。

 

自分のことしか考えられない人間は、馬鹿げているのだ。被害者ヅラが加速しない為に付け加えると、当然、『死にたい』と追い込ませた理不尽な周りがいるのであれば、それも同じく『馬鹿げている』。そっちの方が馬鹿だと言っておこう。それでようやく、平等だ。

 

では今度は『死を恐れるのが惨め』ということについてだ。

 

惨め

 

ソクラテスは言った。

『死が怖いだろうから別の刑を言いなさい?それは余計なお世話だ。』

 

冤罪によってかけられた裁判で、ソクラテスが言った言葉だ。後はソクラテスの記事を読むのが良い。

 

死後のことを知っている人間など、この世には存在しない。そういう人に会いたいなら、『あの世』に行くしかないのである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

ハインリヒ四世『死を願望するものは惨めであるが、死を恐れるものはもっと惨めである。』




↑ PAGE TOP