名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ピタゴラス『この人生劇場において、観客たるべき神と天使のためにのみ勢力を蓄えておくべきなり。』

ピタゴラス


古代ギリシャ数学者 ピタゴラス画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


人生を、劇場に例え、それを見ている神と天使がいるとする。だとしたら当然、主演は自分だ。人間一人一人が主演を務める演劇を、神と天使が観客として見るのだ。

 

 

ちなみにピタゴラスは、紀元前580年頃の人物だ。

 

孔子よりも50歳上。

孔子

ブッダよりも100歳上の人間。

ブッダ

 

そう考えると、この言葉の解釈に少しばかりの柔軟性が問われることになることは、想像にた易いはずである。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサードリンク

     

    ピタゴラスの言葉を自分のものにする



    『勢力を蓄える』というのはどういう意味だろうか。『勢力』というのは、普通、軍隊とか、そういう支配下を増やそうとする、野心溢れた人間や、企業に対して使うことが多い。

     

    例えば、今の日本を、『今の日本の勢力は侮れない』という風には表現しない。フランスも、ドイツもそうだ。しかし、企業ならある。それはやはり、『支配下(シェア)』を広げようとする、野心があるかないかということが、その言葉のカギになる印象を受ける。

     

    それなのに、『観客』という位置づけで、しかも『神と天使』という、その時代の人間にとって圧倒的に厳かな存在である者に対し、『勢力を蓄えておく』ということは、いささか腑に落ちない。

     

     

    だが、もしこの『神と天使』が、『厳かな存在ではなかった』、あるいは、『厳かだが、厳かな存在に対する対応の仕方が当時独特のものがあった』のであれば、『観客』として位置付けているところに、意味が含まれるようになる。

     

    普通、『観客』は、『演技』を見に来ている。『演技』とは、『演出されているもの』であり、『実際の姿』ではない。だとしたら、そこにあるのは『誠実さ』というよりも、『巧みさ』。『巧みさ』の背景にあるのは、『意図的な感情』。

     

    『意図的』であるということは、そこには『エゴ』が介入していることになり、ただ、実直にありのままの姿で、無私無欲で恬淡としているのではなく、『意図的』で、『野心的』で、まるで『騙そうとする、やりくろうとする、支配しようとする』という様な、そういう人間心理が、そこに浮き彫りになるわけである。

     

     

    だとすると、そこに必要なのは『圧倒的な勢力』だ。『誠実さ』ではない。その圧倒的な勢力によって、堂々と最高の脚本と演出で演じ切り、観客である神と天使を魅了する。すると、天国に行けるというわけだ。

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

    他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


    >>続きを見る

     

    10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

    生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


    >>続きを見る

     

    11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

    自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


    >>続きを見る

     

    12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

    『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

     

    黄金律

    『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

     

     

    黄金律

    『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

     

     

    黄金律

    『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

     

    黄金律

    『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

     

    黄金律

    『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

     

     

     

     

    ピタゴラス『この人生劇場において、観客たるべき神と天使のためにのみ勢力を蓄えておくべきなり。』


    スポンサードリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    ピタゴラス関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『子供たちを教育することで、人間を罰する必要はなくなっていくであろう。』

     

    『人は、必要に迫られないと実力が活かされない。』

     

    『沈黙することを学びなさい。静まった心に耳をすませ、吸収させなさい。』

     

    『万事に先立って汝自身を尊敬せよ。』

     

    『利欲は飽きることを知らず。』

     

    人間の心は三つの部門、すなわち知力・理性・情熱に分けられる。知力と情熱は他の動物にも具備するも、理性は人間のみ具わる。』

     

    『怒りは無謀をもって始まり、後悔をもって終わる。』

     

    『己の寝台を己のための寺院とせねばならず』

     

    『多くの言葉で少しを語らず、少しの言葉で多くを語れ。』

     

    『自らを制し得ないものは自由たり得ず。』

     



    ↑ PAGE TOP