名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

トマス・ホッブズ『他人の欠点を笑ってばかりいるのは、臆病の証拠である。』

トマス・ホッブズ


イングランド哲学者 トマス・ホッブズ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『戦略的自己防衛』だからだ。そういう行動を取れば、自分が他人から見て、その笑った対象者よりも上の境地にいることを、演出できると考えているのだ。まるで、高い位置から低い位置にいる人間を見下して嘲笑するように、そうした自己演出、及び印象管理によって、『ガード(バリア)』を張って、防御するのである。

 

(はははっ、おいおいあいつ、俺が5年前に通った道を通るのに、こんなに苦労してるなんて、ちょっと差が開きすぎてるかなあ)

 

というメタメッセージを周囲に漏らし、畏敬の念を抱かせようとしているのだ。そうすれば、自分に回ってこない。自分がそれをやらなければならないリスクが、激減すると考えている。つまり、単なる自意識過剰である。

 

 

別に周りは、自分のことを、自分が演出しているような、『強くて勇敢な人間』だと思っていないかもしれない。しかし本人はそう演出できていると思っていて、その印象を必死に守ろうとして躍起になり、挙句の果てには人の欠点ばかり揚げ足を取り、『勝ち組』がどうとか言い出す始末なのだから、独りよがりの単なる自意識過剰である。

 

私はそういう人間を、何人も見て来た。そして当然この私も、10代の頃、そういう愚かな行動を取っていた。当時の私は、自分に自信がなかったのである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

トマス・ホッブズ『他人の欠点を笑ってばかりいるのは、臆病の証拠である。』


スポンサードリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

トマス・ホッブズ関連の書籍

 


『法のないところに不義はない。』

 

『あらゆる心の悦びとあらゆる満足感は、人が自己と比較して自己を高く考え得るような者を持つことに基づく。』

 

『神や神の属性について概念を持つことは、人間の能力をはるかに超えている。』

 

『人間は利己的動物であるから、自然的状態では自己保存のために相互に利益を侵害し合い、かえって利己の目的を達し得ないから、契約によって国家を形成し、主権者のもとに各自の利己を制限し、調和する。』

 

『いかなる犯罪の源泉も、若干の思慮分別の欠如、理性の錯誤、情熱の爆発的な力である。』

 

『平和への希望が見えるやただちに平和を求め、平和を持ち得ぬ限りは戦争のための援助を捜し求める。これが、正しい理性の命ずるところである。』

 

『小心は人々を不決断にし、その結果、行為の機会と最大の好機を失わせる。』

 

『法は人間の活動を除去すべきものではなく、指導だけを行なうべきものである。それは、自然のつくった川の岸が、流れをせき止めるためのものではなく、流れに方向を与えるためのものであるのと同じである。』

 

『社会をつくるまえの人間の自然状態が戦争であったこと、しかも、いわゆる戦争ではなく、すべての人に対する、すべての人の戦争であったことは、否定できない。』

 

『国民から認められると宗教という名を与えられ、国民が否認すれば迷信という名を付けられる。』

 



↑ PAGE TOP