名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

トーマス・マン『幸福とは愛することであり、また、愛する対象へ、時としてわずかに、心もとなく近づいてゆく機会をとらえることである。』

トーマス・マン


ドイツ小説家 トーマス・マン画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


愛する対象がある。それに近づいていく機会を捉えることができれば、それは幸福であるという。愛する対象で思い浮かべられるのは、『家族、子供、平和、真理、神』等が挙げられるわけだが、それに近づく機会を捉えるというのは、どういうことだろうか。

 

まず、『心もとない』というのは、不安である様子だ。対象には決して思い切って近づいていない様子が伺える。不安げで、わずかに、『近づいてゆく』、そんな『機会を捉える』という、なんとまあ細心の注意を払っているような、そういう印象を受けるわけだ。

 

そんな風に、細心の注意を払い、厳かに、緊張しながら近づき、そしてそれが『幸福』であると言うのであれば、そこにあるのは『神々しさ』だ。つまり、『神、真理』ということになるだろう。

 

何しろ、『愛=真理=神』だ。この図式だ。

 

幾人もの偉人の言葉と向き合って内省して、もうしばらく経つが、例えば『超訳聖書の言葉』にあったのは、『神=愛』だった。私がそこに『真理』を付け加え、その図式としたのだ。

 

これでも私は、両親にクリスチャンになることを強要され続け、一時は、宗教ごと親が消滅すればいいと怨んだ時期があるという、そういう人間である。

 

 

その私がそう言っているのだ。説得力が違う。だとしたら、トーマス・マンが言う『幸福とは、愛することである』という言葉の意味はすぐにわかる。そしてその後の言葉も、『真理や神に近づくことである』と解釈して、つじつまが合う。

 

『愛=真理=神』なのだから。

 

そして極めつけは、私が偉人の数千の言葉と向き合って捻出した、もう一つの言葉だ。

 

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど、虚無に近づく。』

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

トーマス・マン『幸福とは愛することであり、また、愛する対象へ、時としてわずかに、心もとなく近づいてゆく機会をとらえることである。』


スポンサードリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

トーマス・マン関連の書籍

 

同じ人物の名言


『命というものは、儚いからこそ、尊く、厳かに美しいのだ。』

 

『私は平衡の人間である。ボートが右へ転覆しそうになると、私は本能的に左へ身をのりだす、逆の場合には逆の動作をする。』

 

『会話は文明そのものである。言葉は人と人を結びつけ、沈黙は人を孤立させる。』

 

『道に迷うこともあったが、それはある人々にとっては、もともと本道というものが存在しないからのことだった。』

 

『いつも愛されてばかりいる男など、うすらバカに決まっている。』

 

『過去という泉は深い。』

 

『私達は闇から生まれて又闇へ戻ります。この闇から闇への間に私達の人生体験があるわけです。』

 

『人が意見のために闘うチャンスを持たないならば、意見は存在し続けることはない。』

 

『多く愛するものは、常に敗者で、常に悩まなければならない。』

 

『成功とは、自分の人生を自分の力で動かしている実感があることだ。』

 

『芸術家は感情と思想、美と倫理、陶酔と良心という、相反する2つのものに挟まれて苦悩するのだ。』

 



↑ PAGE TOP