名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

タキトゥス『人間は地位が高くなるほど、足もとが滑りやすくなる。』

タキトゥス


帝政ローマ哲学者 タキトゥス画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


人間が油断するのは、目的を達成したときだ。激しいリレー走や、長い長いマラソンのゴールテープを切った時、無事に出産した時や、年末に仕事が終わった時、どれもこれも、共通しているのは『目的の達成』であり、『一段落』であり、そしてそこに付随して共通するのは『油断』である。

 

 

足に力が入らなくなったり、風邪を引いたり体調を崩したり、いずれにせよ、人間の足下というものは、油断すればするほど滑りやすくなり、その油断するタイミングは、往々にして目的を達成した時、あるいは心が軽薄な時である。

 

とにかく気を引き締めていないのだ。『勝って兜の緒を締めよ』という言葉の意味はどういうことかというと、

『戦いに勝って、ほっと一息ついて兜を脱いだとき、ふいに敵が襲ってくるかもしれないから、勝ったとしても油断せず、さらに用心せよ』

 

という意味だ。そしてそれならもう一つの解釈ができるが、

『戦で、勝負に勝ったのはいいが、勝利の美酒に酔いしれ、兜をしているのをわすれ、許容範囲を超えた体勢を取ってしまい、兜が後ろにずり落ち、あるいは敵に引っ張られ、それをささえる紐で首を絞められて死んだ』

 

という、なんとも残念が事態があったことも想像できるわけである。勝利の美酒に酔いしれることだけに支配され、兜の緒で首を絞められて死んでしまっては、笑い者である。

 

勝って奢らず、負けて腐らず。

 

この教訓を頭に刻み込みたい。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

20.『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。

得意になっているとき、自分の足下はどうなっているだろうか。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

タキトゥス『人間は地位が高くなるほど、足もとが滑りやすくなる。』


スポンサードリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

タキトゥス関連の書籍

 

同じ人物の名言


『繁栄は人間の心にとりて、不運以上にきびしき試練なり。人間は不幸に堪えられうるも、幸福には腐らさる。』

 

『裏切者は、彼らが利得を与える人たちによってさえも憎まれる。』

 

『邪なる平和は、戦争より邪悪なり。』

 

『先祖と子孫のことを考えなさい。』

 

『国家が腐敗すればするほど、国家は法を多く破る。』

 

『偽りの名のもとに破壊、殺戮、強奪を行うことを、彼らは支配と呼ぶ。また街を破壊し人気を絶やすことを、彼らは平和と呼ぶ。』

 

『神々は強い側に味方する。』

 

『昔は犯罪によりて苦しみ、今日は法律によりて苦しむ。』

 



↑ PAGE TOP