名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

千利休『花は野の花のごとく生け、刻限は早め、早めにして、雨降らずとも雨具の用意をし、お客の心を心とするのです。』

千利休


日本商人 千利休画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『まず炭火はお湯の沸く程度にしなさい。お湯は飲みやすいように熱からず、ぬるからず、夏は涼しげに、冬はいかにも暖かく、花は野の花のごとく生け、刻限は早め、早めにして、雨降らずとも雨具の用意をし、お客の心を心とするのです。』

 

 

火力は最大ではない。熱くもなく、ぬるくもない。そこにある生け花は、まるで野に咲く花の様だ。気づかないところで、配慮も行われている。印象は、とても『丁重』だ。丁寧で、親切で、『自然』だ。達観していて、何かを超越している。

 

肩の荷が降りるというのはこういうことだ。気が楽になり、心が落ち着く。そんなお茶の時間は、とても大切なものである。人をもてなす極意が、ここにある。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

28.『真の礼儀とは。

真の礼儀や忠誠とは、表層に固執することではない。


>>続きを見る

 

29.『耐え忍ぶことができる人間でなければ、大局を見極めることは出来ない。

孫子の兵法、『風林火山』の極意を見極めよ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

千利休『花は野の花のごとく生け、刻限は早め、早めにして、雨降らずとも雨具の用意をし、お客の心を心とするのです。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

同じ人物の名言


『頭を下げて守れるものもあれば、 頭を下げる故に守れないものもある。』

 



↑ PAGE TOP