名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >   >  >  >

 

渋沢栄一『すべて物を励むには競うということが必要であって、競うから励みが生ずるのである。』

渋沢栄一


日本実業家 渋沢栄一画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『すべて物を励むには競うということが必要であって、競うから励みが生ずるのである。いやしくも正しい道を、あくまで進んで行こうとすれば、絶対に争いを避けることはできぬものである。絶対に争いを避けて世の中を渡ろうとすれば、善が悪に勝たれるようなことになり、正義が行われぬようになってしまう。』

 

 

もし、競い合いがなければ、切磋琢磨が出来ないだけではなく、独壇場となって殿様商売となり、傲慢不遜になって、気づいたら『道の外』を歩いてしまうことがある。

 

道の外を歩いている人間は残念ながら『人間』の称号に相応しくない。そういう人は、せいぜい文字通り、『外道』の名前がちょうどいい。

 

越権行為だ。特権の乱用だ。力任せにしてそれをやりたい放題やるとなると、いずれ必ず衰退する。権力、財力、人というものは、一度『力』を手に入れると、それに執着し、あるいは、その力で人を屈服させ、自分の思い通りに事を運ばせようとする愚かな生き物だ。

 

ファーストリテイリング(ユニクロ)の柳井正は、彼が『最高の教科書だ』と賛辞するプロフェッショナル・マネジャーの巻末に、こう書いている。

 

---------▼

 

『エゴチズムの真の害悪は、抑制されない個人的虚栄心が高進すると、その本人が自分自身の為にこしらえた賛辞を信じ込むようになる。そして自分自身と虚栄心の中にのめり込んで、他人の感情への感受性を失ってしまう。常識も客観性も失われる。そして意思決定の過程を脅かす厄介者となる』

 

---------▲

 

与党と野党然り、競合会社然り、ライバルの存在然り、人はむしろ、対極にいるそれらの存在に、『戒められている』ということを、感謝しなければならない。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

20.『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。

得意になっているとき、自分の足下はどうなっているだろうか。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

渋沢栄一『すべて物を励むには競うということが必要であって、競うから励みが生ずるのである。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『論語(義・倫理)とそろばん(利益)は両立する。』

 

『大なる立志と小さい立志と矛盾するようなことがあってはならぬ。』

 

『事業には信用が第一である。世間の信用を得るには、世間を信用することだ。個人も同じである。自分が相手を疑いながら、自分を信用せよとは虫のいい話だ。』

 

『親から子に対して孝を励めよと強ゆるのは、かえって子を不孝の子たらしむるものである。』

 

『余はいかなる事業を起こすにあたっても、利益を本位に考えることはせぬ。』

 

『たとえその事業が微々たるものであろうと、自分の利益は少額であろうと、国家必要の事業を合理的に経営すれば、心は常に楽しんで仕事にあたることができる。』

 

『人生の行路は様々で、時に善人が悪人に負けたごとく見えることもあるが、長い間の善悪の差別は確然とつくものである。』

 

『夢なき者は理想なし、理想なき者は信念なし、信念なき者は計画なし、計画なき者は実行なし、実行なき者は成果なし、成果なき者は幸福なし、ゆえに幸福を求むる者は夢なかるべからず。』

 

『一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。』

 

『事を成し、物に接するには、必ず「満身の精神」をもってせよ。ささいな事であっても、いい加減に扱ってはならない。』

 



↑ PAGE TOP