名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

三浦綾子『やれるかも知れない、と思った時、自分でも気づかなかった力が出てくるものなのだ。初めから、できないと言えば、出来ずに終わる。』

三浦綾子


日本詩人 三浦綾子

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ボン・クレー『友達を…見捨てておめぇら明日食うメシがうめぇかよ!!』

 

ここにも記載した『タイタニック』のヒロイン、ローズは、ジャックに命懸けで助けられ、沈没したタイタニックの船の木片に何とかしがみつき、全身が凍り付く寸前の衰弱した瀕死の状態の中、ジャックが夜の冷たい海の底に沈んでいくのを確認した。

 


画像

 

(…ああ…自分も死ぬんだ。)

 

捜索隊は近くまで来ている。だが、もう声を出す力が残っていないのだ。

 

(…死のう。ジャックと一緒に…。)

 

しかしローズは死を覚悟したその刹那、ジャックとの約束を思い出していた。ジャックとの愛を、思いだしたのだ。そして、ジャックが命を懸けて自分にしてくれた勇気を、思いだした。

 

そのとき、ローズの全身に潜在した、最後の渾身の力が振り絞られた。そしてローズは、近くにあった水死体の首にかかっていた笛を取り、命からがら、その笛を吹くことができ、救出されたのだ。

 

ローズは(死のう)と思った時、全身の力が抜けていった。しかし、(生きよう)と思った時、全身に潜在する力が溢れだし、そのエネルギーが前へ前へと、自分を押し進めていた。

 

たった一度のこの儚い人生。前へ進んだところで、答えはない。しかし、それでも自分の身体を前へ前へと進ませるエネルギーは、それぞれにとって、一体なんなのだろうか。

 

イギリスの詩人、アレキサンダー・ポープは言った。

『私たち一人一人が航海しているこの人生の広漠とした大洋の中で、理性は羅針盤、情熱は疾風。』

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

4.『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。

自分の思考とそこでする確信の実力を侮るな。思考は現実化する。


>>続きを見る

 

5.『偶然に期待する人間は、支配される。

偶然などない。その主体性を持つ人間が支配する。


>>続きを見る

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『『絶対』などない。だが、『それでも絶対にやってやる』という気持ちだけが、未来を切り開くのだ。』

 

 

黄金律

『『運気に期待する』のではない。『気運を呼び込む』のだ。』

 

 

黄金律

『結果が出るまで『続ける』のではない。結果が出るまで『最適化する』のだ。そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』である。』

 

黄金律

『危機が完全に去ることを待つのではない。この一生を悔いの無いように航海するのだ。 』

 

 

 

 

三浦綾子『やれるかも知れない、と思った時、自分でも気づかなかった力が出てくるものなのだ。初めから、できないと言えば、出来ずに終わる。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『一つの製品を生み出すためには、醗酵の期間が大事なように、人生というものはすべて、待つ間に熟して行くのだ。』

 

『人生にはピリオドは唯一つで、あとはコンマ、コンマの連続だという思いがしきりにした。最後の終止符を打つまでは、人生いろいろなところでコンマが打たれるのだ。』

 

『いままでふり返ってみて、大きな不幸と思われることが、実は大切な人生の曲がり角であったと思われてならない。』

 

『人間として本当の生き方に立っていたならば、一生を育児に捧げようと、芸術に捧げようと、決して空しさに終わるはずはない。』

 

『ほんとうに自分の行為に責任をもつことができる人だけが、心から「ごめんなさい」と言えるのではないだろうか。』

 

『失敗を恐れて何もしない人間こそ、全生涯が失敗となる。』

 

『つまずくのは、恥ずかしいことじゃない。立ち上がらないことが、恥ずかしい。』

 

『今までふり返ってみて、大きな不幸と思われることが、実は大切な人生の曲がり角であったと、思われてならない。』

 

『長い間その人を慰め、励まし、絶望から立ち上がらせる言葉を、胸にたくさん蓄えておかねばならない。』

 

『包帯を巻いてあげられないのなら、むやみに傷口に触れてはならない。』

 



↑ PAGE TOP