名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

安藤百福『素人だから飛躍できる。』

安藤百福


日本実業家 安藤百福画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『飛躍』というのは、例えば下記の図で言えば、

 

 

一番左のコインから、一気に一番右のコインに山積みされる様子を指す。つまり、左から順々にして、蓄積されていく様子ではなく、一気にズドンと一番右に跳ね上がる様子だ。

 

だとしたら安藤百福の言う通りだ。往々にして『素人』とは、『一番左』の位置にいる人間である。『玄人』とは、決行右の位置にいる人間だ。

 

北野武も、

『安定した成功なんて、この歳になったら当たり前のことなのだ。「今度の映画も面白かったね」なんていわれても、そう無邪気には喜べない。』

 

と言ったが、彼が無邪気に喜べるのは『飛躍』を感じた時であり、右から二番目の山から、一番右の山になった、程度の成功では、本当にその回の実力だったかどうか定かではないから(以前からの余韻の可能性があるから)、首をかしげざるを得ないのである。

 

素人は、その分飛躍して『差』を認識できるから、自分の実力を認識しやすい。しかし、同じくらい、その差を丸々自分の実力だと過信してしまいがちで、飛躍した何らかの外部要因が他にもあった可能性もあるので、慎重な判断が必要である。

 

また、素人だからこそ『守り』を考えずに突っ走り、『飛躍』という大きな結果を生み出す、ということも言えるだろう。それらが玄人になり、身の保身に走ると、たちまち『飛躍』的な差は出なくなるのが相場である。

 

ある程度まで行くと『現状維持』をするだけで大きなキャッシュフローを生み出すことが出来る為、そこは考えものだ。

 

現状維持しなければそのキャッシュフローごと失う可能性があるので、プロスペクト理論が働き、損失を回避しようとするのだ。人間は目の前に利益があると『利益が手に入らないというリスク』の回避を優先し、損失を目の前にすると『損失そのもの』を回避しようとする傾向がある。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

20.『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。

得意になっているとき、自分の足下はどうなっているだろうか。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

安藤百福『素人だから飛躍できる。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『彼女たちはどうしてあんな格好をしているのか?』

 

『明確な目標を定めたあとは、執念だ。ひらめきも執念から生まれる。』

 

『即席めん開発に成功したとき、私は48歳になっていた。遅い出発ともいわれるが、人生に遅すぎるということはない。50歳でも、60歳でも新しい出発はある。』

 

『私が無一文になったとき、失ったものは財産だけではないか、そのぶんだけ経験が血や肉になって身についたと考えた。』

 

『創業者利益を手中にする有効な方法は、スタートから大きく引き離すことだ。』

 

『転んでもただでは起きるな。そこらへんの土でもつかんでこい。逆境に立ってすべての欲とこだわりとを捨て去ったとき、人は思わぬ力を発揮できる。』

 

『事業化できないアイデアは単なる思いつきにすぎない。本当のアイデアとは実用化されて、成功を保証するものである。』

 

『樹齢二千年という立派なブナの木があるが、もとをただせば鳥のフンからだ。創業とは一粒の種をまくことである。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP