名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  > >   >

 

アウレリウス『他人の厚顔無恥に腹が立つとき、ただちに自らに問うてみよ。 「世の中に恥知らずの人間が存在しないということがありえようか」 「ありえない」と答えるだろう。それならば、ありえぬことを求めるな。』

アウレリウス


ローマ帝国皇帝 アウレリウス画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ソクラテスは言った。

『彼らは軽々と人を殺しながら、少し時間が経てば、生かしておけばよかったと、そんな気まぐれな人たちなのだよ。』

 

世の中の人間など、所詮その程度の物だ。『所詮』という言葉を使うと色々と語弊があるが、ここはあえてその言葉を使っているのである。決して見下しているわけではないが、しかし、確かに少しは見下している。

 

いや、見下しているというとまた語弊がある。『見下ろしている』という言い回しをしてもいいが、ここにあるのは『上から下を見る』という事実であり、例えば、親が子供を見る見方と同じようなものだ。

 

カメラ

 

親は子供を愛しているから見下してはいないかもしれないが、下に見ているから、判断が誤っている可能性が高いとして、常に盲信していない。その様な意味合いで『見下ろしている』という言い回しをしたいが、まあ、どちらでもいい。

 

結局は、ソクラテスのこの言い回しからも伝わるように、『そんな人たちなのだよ』ということで、そこにあるのは諦め、呆れ、嘆きなどの、残念な感情と、ある種の悟りである。

 

『中国古典』の教え』の『史記』にはこうある。

『地位が上がったり下がったりすることによって、付き合いの深さが良くわかる』

 

こちらが調子のいい時は放っておいても人は集まるが、落ち目になると、さっと去っていく。遥か昔から今において、変わることのない愚かな習性である。

 

(中略)

 

『だが、初めからそれが人情だと心得ていれば人が寄ってきたからといって喜ぶこともないし、去っていったからといって嘆くこともないのである。』

 

───▲

 

確かに人の無知には腹が立つ。それは、ときにはらわたが煮えくり返るくらい腹が立つこともある。

 

しかし、 最初から人間がそういうものだとしたら、どうだろうか。それ以上のことを求めるのは、まるで猫に、犬であることを求めるようなものなのかもしれない。

 

犬

 

ここにあるのはある種の『見下し』だ。『人間など最初からそんなものだ』と下に見ている。それはあまり感心されない人間の心構えである。だが、そういう心構えを持つことで、ここにある問題を解決できるジレンマがある。

 

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

アウレリウス『他人の厚顔無恥に腹が立つとき、ただちに自らに問うてみよ。 「世の中に恥知らずの人間が存在しないということがありえようか」 「ありえない」と答えるだろう。それならば、ありえぬことを求めるな。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『人の一生は短い。君の人生はもうほとんど終わりに近づいているのに、君は自分に尊敬をはらわず、君の幸福を他人の魂の中に置くことをしているのだ。』

 

『汝、穏やかなる人生を送りたければ、仕事を減らすべし。』

 

『幸福な生活をするのに必要なものはほとんどない。それはあなた自身の中、心の持ちようにある。』

 

『人間はお互い同士のために創られた。ゆえに彼らを教えるか、さもなくば耐え忍べ。』

 

『今の瞬間だけに生きよ!』

 

『各々の物はそれが創られた目的に向かって惹かれる。惹かれるものの中に、各々の目的がある。目的のある所に各々の利益と善がある。』

 

『君の精神は、君の平生の思いと同じようになるであろう。なぜならば、魂は思想の色に染められるからである。』

 

『競技場では、競技相手の攻撃を好意をもって避ける。人生という競技場でも、共に競技をしている人たちを大目に見てあげようではないか。人を疑ったり憎んだりせずに避けることは可能なのだから。』

 

『よし君が怒って破裂したところで、彼らは少しも遠慮せずに同じことをやりつづけるであろう。』

 

『他人に関する思いで君の余生を消耗してしまうな。』

 

『未来を思い煩うな。必要ならば、君は今現在のことに用いるのと同じ理性をたずさえて、未来のことに立ち向かうであろう。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP