名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ラ・ロシュフーコー『我々は、幸福になるためによりも、幸福だと人に思わせるために四苦八苦しているのである。』

ラ・ロシュフーコー


フランスモラリスト ラ・ロシュフーコー画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


私の周りにいる女性の中には、自分の周りにいる幸せを見せつけてくる同性に対し、見返したいとか、自慢したいとか、見せびらかしたいとかいう理由の為に、少しでも金を持っていて、少しでもイケてる男を捕まえて、ハワイやサイパンで結婚式を挙げることに躍起になっている者がいる。

 

カメラ

 

哀れな負の連鎖だ。

 

そういう人は『タガメ女とセレブ女』の違いを理解するか、あるいは一度無人島で1か月ほど生活し、生きているだけで丸儲けだということを思い知るのが良い。そもそも、『大多数の意見』など当てにならないのだ。

 

しかし、私が実際にそこまで唯一無二を意識して生きているかというと、100%とは言い切れない。確かに私は人一倍そういう人生を生きる覚悟を持った人間だが、それでも心底の声には、人をうらやみ、コンプレックスを解消したいと思っていて、大金持ちに対して嫉妬している。

 

それなのに、表層を唯一無二の一生を生きているように振る舞うのは『』だ。正直にそれを書いておいた方がいいだろう。

 

だが、それはただ私のいる境地が『詰めが甘いだけ』だ。それが絶対的な事実なのである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

8.『足るを知るは富む。足るを知らぬは貧しい。

この世に闇があると思うなら、それは自分の目(心)に原因がある。


>>続きを見る

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『絶望などない。あるのは希望だけだ。』

 

 

黄金律

『『不幸』などない。あるのは、目の前で淡々と起きている現象に反応する、人間の心である。』

 

 

黄金律

『希望は貧者のパンである。そして、絶望は貧者のカビである。』

 

 

 

 

ラ・ロシュフーコー『我々は、幸福になるためによりも、幸福だと人に思わせるために四苦八苦しているのである。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言

『嫉妬は常に恋と共に生まれる。しかし必ずしも恋と共には滅びない。』

 

『社交においては、我々の優れた特性によってよりも、欠点によって気に入られることのほうが、かえって多い。』

 

『小さい事に身を入れすぎる人は、通常大きな事ができなくなる。』

 

『自分ひとりが賢いものになろうとするのは大馬鹿者である。』

 

『知はいつも情に一杯食わされる。』

 

『他人に欺かれるもっとも確実な手段は、他人よりも自分のほうが狡猾だと思うことである。』

 

『よもや他人の迷惑にはなるまいと思っているときに、他人の迷惑になっていることがよくあるものである。』

 

『人間には、裏切ってやろうとたくらんだ裏切りより、心弱きがゆえの裏切りのほうが多いのだ。』

 

『不可能なことはない。すべてに至る道がある。』

 

『われわれは生涯の様々な年齢にまったくの新参者としてたどりつく。だから、多くの場合、いくら年をとっても、その経験においては経験不足なのである。』

 

『運も健康と同じように管理する必要がある。好調な時は充分に楽しみ、不調な時は気長にかまえ、そしてよくよくの場合でない限り、決して荒治療はしないことである。』

 

『情熱は、つねに人を説き伏せる無類の弁舌家である。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP