名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

宮沢賢治『何がしあわせかわからないです。本当にどんなに辛いことでも、それが正しい道を進む中の出来事なら峠の上りも下りもみんな本当の幸せに近づく一足づつですから。』

宮沢賢治


日本作家 宮沢賢治画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


チャーチルは言った。

『何が本当に自分の利益であるか、ということを知ることは容易ではない。』

ヘミングウェイは言った。

『運はいろんな形をして現れる。とすれば、どうしてそれがわかる?』

新宿中村屋創業者 相馬愛蔵は言った。

『機会というものは、いつも初めは、一つの危機として来るか、あるいは一つの負担として現れた。』

マイケル・ジョーダンは言った。

『本当に悪い状況に置かれているかは、その時点で判断できないこともあるんだ。』

今が辛いと思っても、それはおそらく、『勘違い』だ。

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

宮沢賢治『何がしあわせかわからないです。本当にどんなに辛いことでも、それが正しい道を進む中の出来事なら峠の上りも下りもみんな本当の幸せに近づく一足づつですから。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『誰だって、ほんとうにいいことをしたら、いちばん幸せなんだねえ。』

 

『誓って言うが、わたくしはこの仕事で疲れを覚えたことはない。』

 

『どうも、ちょうどよく働くことほど、体に良い事は無いですな。』

 

『真の幸福に至れるのであれば、それまでの悲しみは、エピソードに過ぎない。』

 

『自分が真実から目をそむけて子どもたちに本当のことが、語れるのか。』

 

『永久の未完成、これ完成である。』

 

『無意識から溢れるものでなければ、多くは無力か詐偽である。』

 

『世界全体が幸福にならないかぎりは、個人の幸福はありえない。』

 

『一つずつの小さな現在が続いているだけである。』

 

『雨にも負けず 風にも負けず 雪にも夏の暑さにも負けぬ 丈夫なからだをもち 慾はなく 決して怒らず いつも静かに笑っている』

 

『すべてさびしさと悲傷とを焚いて ひとはとうめいな軌道をすすむ。』

 



↑ PAGE TOP