名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

伊達政宗『曇りなき 心の月にさきだてて 浮き世の闇を 照らしてぞ行く』

伊達政宗


日本武将 伊達政宗画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


曇りなき眼(まなこ)でしか見えない物がある。

 

それは、自分の生きる道であり、真理であり、愛であり、ときに、神である。

 

それが照らす一本の光の道がある。

 

その道を歩いていく。

 

それが、人生である。

 

 

矛盾している。混沌としている。

 

理不尽で、儚くて、虚しくて、険しい。

 

そんな暗闇の世界に照らされた、一本の道。まず何よりも、それを見極めるのだ。そしてその後は、脇目もふらず、ひた歩くべし。それが自分の生きる道なのだから。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『絶望などない。あるのは希望だけだ。』

 

 

黄金律

『『不幸』などない。あるのは、目の前で淡々と起きている現象に反応する、人間の心である。』

 

 

黄金律

『希望は貧者のパンである。そして、絶望は貧者のカビである。』

 

 

 

 

伊達政宗『曇りなき 心の月にさきだてて 浮き世の闇を 照らしてぞ行く』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『朝夕の食事はうまからずともほめて食うべし。』

 

『時を移さずに行うのが勇将の本望である。早く出立せよ。』

 

『仁に過ぎれば弱くなる。義に過ぎれば固くなる。礼に過ぎればへつらいとなる。知に過ぎれば嘘をつく。信に過ぎれば損をする。』

 

『わからぬ将来のことを心配しているより、まず目前のことをする。』

 

『茶器を割ったのではない。自分の器量の小ささを割ったのだ。』

 

『まともではない人間の相手をまともにすることはない。』

 

『物事、小事より大事は発(は)るものなり。 油断すべからず。』

 



↑ PAGE TOP