名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

伊達政宗『わからぬ将来のことを心配しているより、まず目前のことをする。』

伊達政宗


日本武将 伊達政宗画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『おのおのの申すことはもっともだが、延引することも時と場合による。今は火急の時だ。わからぬ将来のことを心配しているより、まず目前のことをする。』

 

 

火事だ。

 

出火原因など知らない。

 

後だ。

 

まず真っ先にやるべきなのは、火を消すことだ。物事に対する決断を先延ばしにしても、延ばさなくても、真実が変わるわけではない。

 

以前、とあるノンフィクションのドキュメント番組で、忘れられない内容のものがあった。

 

その人物は、実に数十年という時間を『現実逃避』に使い、海外かどこかに行って、のんべんだらりと生きながらえる選択肢を選んでいた。番組の力を借りてかどうかは知らないが、その番組内で彼は、数十年前に行き違い故、会っていなかった親の下へ帰ることを決断した。

 

電車に乗って故郷に戻る彼は、複雑な心境だった。だが、どこかやはりそんな時間さえ、心躍る時間だった。生き別れ同然となった肉親に会うということは、そういうことなのである。

 

『ただいま!』

 

そう言ってガラッと扉を開けると、返事が無かった。

 

彼の家族は、すでに亡くなっていた。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

3.『生きるのは過去でも未来でもない。『今』だ。

明日があるとかないとか、昨日までに何があったとか、そんなことは関係ない。先延ばしにするな。過去に執着するな。今、この瞬間を生きろ。まだ、生きている。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

伊達政宗『わからぬ将来のことを心配しているより、まず目前のことをする。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『朝夕の食事はうまからずともほめて食うべし。』

 

『時を移さずに行うのが勇将の本望である。早く出立せよ。』

 

『仁に過ぎれば弱くなる。義に過ぎれば固くなる。礼に過ぎればへつらいとなる。知に過ぎれば嘘をつく。信に過ぎれば損をする。』

 

『曇りなき 心の月にさきだてて 浮き世の闇を 照らしてぞ行く』

 

『茶器を割ったのではない。自分の器量の小ささを割ったのだ。』

 

『まともではない人間の相手をまともにすることはない。』

 

『物事、小事より大事は発(は)るものなり。 油断すべからず。』

 



↑ PAGE TOP