名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

上杉謙信『心に欲なき時は義理を行う。』

上杉謙信


日本武将 上杉謙信画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


心に欲がなければ、義理堅くなれる。だが、心に私利私欲、煩悩があれば、『不義理』を行う。

 

 

平常心、克己心。

 

それらでもって、制するのだ。悪しき心の実態を。

 

聖書における『ヘブライ人の手紙』には、『父が子供を叱るとき』について、こう書いてある。

『神が自分の聖性を子に与えようとしているのだ』

 

つまり人間には『聖性と魔性』の両面がある。

 

 

 

その内、父が子を叱った場所には『愛(聖性)』が宿り、『魔が刺した』人間には『罪(魔性)』が宿っていることになる。

 

だとしたら、見えて来るのは『聖性を優位にし、魔性を劣位にする』ということで、そこにあるのは、魔性と聖性の真剣勝負である。

 

 

更に言えば、昨今一部の狂信者が世界を騒がせているが、イスラム教における『ジ・ハード(聖戦)』とは、何も人を惨殺することを許可する、という凶悪な概念ではない。『神の為に奮闘する』ことを意味し、つまり、その『神』というものは、しばしば『愛、真理』と『=』であると考えられるわけで、例えば、『人に裏切られ、殺意を覚えた』というとき、そこに現れるのは間違いなく『魔性の疼き』であるわけだが、しかし、それを聖性の力で劣位にさせよう、という『闘い』こそが、この『ジ・ハード(聖戦)』なのである。

 

『魔が刺す(差す)』ということは、ここでいう『私利私欲、煩悩』に頭を支配されたときである。 そういうときに『不義理』を行い、そうでないときに『義理堅き』行動に出れる。

 

常に『聖性』を優位にし、『魔性』を劣位にする。この発想で、間違いない。腸内環境と一緒だ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

上杉謙信『心に欲なき時は義理を行う。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『心に私なき時は疑うことなし。』

 

『心に驕りなき時は人を教う。』

 

『心に誤りなき時は人を畏れず。』

 

『心に邪見なき時は人を育つる。』

 

『心に貪りなき時は人に諂うことなし。』

 

『心に怒りなき時は言葉和らかなり。』

 

『心に堪忍ある時は事を調う。』

 

『心に曇りなき時は心静かなり。』

 

『心に勇みある時は悔やむことなし。』

 

『心賤しからざる時は願い好まず。』

 

『心に孝行ある時は忠節厚し。』

 

『心に自慢なき時は人の善を知り。』

 

『心に迷いなき時は人を咎めず。』

 



↑ PAGE TOP