名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

上杉謙信『心に物なきときは心広く体やすらかなり。』

上杉謙信


日本武将 上杉謙信画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ドイツの哲学者、ヘリゲルは言った。

『あなたは無心になろうと努めている。つまりあなたは故意に無心なのである。それではこれ以上進むはずがない。』

 

無心になるということは、『無心になるように努める』ことではない。その時点でそこには『ある』ことになる。『無い』ようにするのだ。無の境地である。

 

 

自転車や自動車の運転と同じで、一度慣れてしまえば、別に難しいことではない。『執着』をやめればいいのだ。煩悩や私利私欲に支配されないようにすればいい。

 

『それが出来ない』と言った時点で『執着』している。『出来ないという自分』に、執着している。

 

なぜその自分にそんなに依存するかはわからないが、きっと自分が好きなのだろう。だが、その執着が自分の身を重くし、視野を狭くし、器を小さくしている。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

上杉謙信『心に物なきときは心広く体やすらかなり。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『心に私なき時は疑うことなし。』

 

『心に驕りなき時は人を教う。』

 

『心に誤りなき時は人を畏れず。』

 

『心に邪見なき時は人を育つる。』

 

『心に貪りなき時は人に諂うことなし。』

 

『心に怒りなき時は言葉和らかなり。』

 

『心に堪忍ある時は事を調う。』

 

『心に曇りなき時は心静かなり。』

 

『心に勇みある時は悔やむことなし。』

 

『心賤しからざる時は願い好まず。』

 

『心に孝行ある時は忠節厚し。』

 

『心に自慢なき時は人の善を知り。』

 

『心に迷いなき時は人を咎めず。』

 



↑ PAGE TOP