名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

スティーブ・ジョブズ『私が知ってるなかで、一年で2.5億ドルも失った人なんて自分しかいない。でもそれは非常に人格形成に役立ったよ。』

スティーブ・ジョブズ


アメリカ実業家 スティーブ・ジョブズ

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ここでいう『人格形成』。最初から人格はあったに決まっているのに、この言葉を使うのはどういう意味があるだろうか。それをちょっと考えると、

『未熟な人格⇒成熟した人格』

という図式が想像出来るようになる。

どちらかというと、『成熟だと思っていたが、未熟だった』わけで、だからこそ失敗した。しかしそのおかげで、

『その思っていた成熟に、近づくことが出来た』

ということなのである。

人間が進化し、真価を発揮する為には、『深化の時期』というものが必要なのだ。

電力王、松永安左エ門は言う。

『実業人が実業人として完成する為には、三つの段階を通らぬとダメだ。第一は長い闘病生活、第二は長い浪人生活、第三は長い投獄生活である。このうちの一つくらいは通らないと、実業人のはしくれにもならない。』

深化の時期を経験した人間や企業は、強い。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

1.『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

スティーブ・ジョブズ『私が知ってるなかで、一年で2.5億ドルも失った人なんて自分しかいない。でもそれは非常に人格形成に役立ったよ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『残りの人生、このまま砂糖水を売ることに費やしたいのか、それとも世界を変えるチャンスをものにしたいか?』

 

『もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?』

 

『大事なのは量より質。2塁打2本より、1本のホームランの方がずっといい。』

 

『これがマッキントッシュの大きさだ。これ以上、大きくすることは許さない。消費者に受け入れられる限度がそれだ。』

 

『抽象的思考や論理的分析よりも、直感的な理解や意識の方が重要だと気づいたんだ。』

 

『死は生命にとって唯一にして最高の発明だ。』

 

『仏教には「初心」という言葉があるそうです。初心をもっているのは、すばらしいことだ。』

 

『私はアップルの経営を上手くやるために仕事をしているわけではない。最高のコンピュータを作るために仕事をしているのだ。』

 

『あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。』

 

『すばらしい仕事をするには、自分のやっていることを好きにならなくてはいけない。まだそれを見つけていないのなら、探すのをやめてはいけない。』

 

『偉大な大工は、たとえ見えなくてもキャビネットの後ろにちゃちな木材を使ったりはしない。』

 

『絶対にマネのできない、マネしようとすら思わないレベルのイノベーションを続けろ。』

 

『ハングリーであれ、愚かであれ。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP