名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

三浦綾子『日頃自分が恥ずかしいと思っていることが、本当に恥ずかしいことなのか、恥ずかしいと思うこと自体が恥ずかしいことなのか、よく見極めて生きたい。』

三浦綾子


日本詩人 三浦綾子

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


例えば、ルソーの言葉、

『生きるとは呼吸することではない。行動することだ。』

 

の記事、下部にも書いたが、私は以前、『人前で手を挙げて意見をすること』が、恥ずかしいことだと思っていた。何か『ダセえ』し、間違っていた時に『恥』だし、別にそれを意見して、何がどうなるわけでもないし、とにかくそれをやる『意義』を見いだせなかった。

 

しかし記事に書いたとおり、実際は、手を挙げない人生は、人生とは呼べないものだった。恥もかいた。批判もあった。出る杭として打たれた。祟りに触って呪われた。だが、私の人生は確かに、手を挙げた時から始まったのである。

 

 

イギリスの探検家、ラポックは言う。

『他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ。』

 

我々は、『人生を生きている』のだ。そしてそれは、たった一度のこの人生である。

 

『日頃自分が恥ずかしいと思っていることが、本当に恥ずかしいことなのか、恥ずかしいと思うこと自体が恥ずかしいことなのか、よく見極めて生きたい。』

 

私は先日、恥ずかしいことがあった。延長自我を出してしまったのだ。つまり、相手が求めてもいないのに、自分がどれだけの人間なのかと言うことを、べらべらとしゃべって誇示してしまった。相手を認めさせようとしたのだ。自分の方が上の立場にあるということを伝えたかったのだろう。なんとも醜く、愚かな話である。

 

延長自我

 

しかし私には突き詰めた黄金律がある。例えば、

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。

 

この黄金律がその人と自分との間に違いがあることを正当化してくれたし、

 

24.『失敗をすぐに認められるか、それとも隠蔽するかで人間の価値は決まる。

自分のミスや失敗を隠したくなる気持ちはわかる。わかるが、『子供』もそれをやっていることを考えた時、そこに違和感を覚えるはずだ。

 

この黄金律が自分のその傲慢不遜に陥った態度をすぐに戒めてくれた。

 

私は、『自分が低く扱われることが恥ずかしいことだ』と思っていたから、その人に対して自我を押し付けてしまった。しかし、本当に恥ずかしいことは私が自我をその相手に押し付けたことだった。

 

目は高く。頭は低く。心は広く。

 

目線が高いことが原因で、私の頭も同じ位置にあってしまったようだ。それは物理的に普通のことなのだが、『普通』ではだめだ。目が高く、心が広い人はそれくらいの偉業を成し遂げる人間でなくてはならない。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

三浦綾子『日頃自分が恥ずかしいと思っていることが、本当に恥ずかしいことなのか、恥ずかしいと思うこと自体が恥ずかしいことなのか、よく見極めて生きたい。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『一つの製品を生み出すためには、醗酵の期間が大事なように、人生というものはすべて、待つ間に熟して行くのだ。』

 

『苦難の中でこそ、人は豊かになれる。』

 

『やれるかも知れない、と思った時、自分でも気づかなかった力が出てくるものなのだ。初めから、できないと言えば、出来ずに終わる。』

 

『今日という日には、誰もが素人。』

 

『秀れた人間というのは、他の人間が、愚かには見えぬ人間のことだろう。』

 

『言葉は人間の運命をも変えるほど大きなものです。』

 

『ほんとうに自分の行為に責任をもつことができる人だけが、心から「ごめんなさい」と言えるのではないだろうか。』

 

『失敗を恐れて何もしない人間こそ、全生涯が失敗となる。』

 

『つまずくのは、恥ずかしいことじゃない。立ち上がらないことが、恥ずかしい。』

 

『今までふり返ってみて、大きな不幸と思われることが、実は大切な人生の曲がり角であったと、思われてならない。』

 

『長い間その人を慰め、励まし、絶望から立ち上がらせる言葉を、胸にたくさん蓄えておかねばならない。』

 

『包帯を巻いてあげられないのなら、むやみに傷口に触れてはならない。』

 



↑ PAGE TOP