名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

三浦綾子『人間として本当の生き方に立っていたならば、一生を育児に捧げようと、芸術に捧げようと、決して空しさに終わるはずはない。』

三浦綾子


日本詩人 三浦綾子

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『スタンド・バイ・ミー』で有名な天才作家、スティーブン・キングは、

『何事であれ、自分に才能があるとなれば、人は指先に血が滲み、目の玉が抜け落ちそうになるまでそのことにのめり込むはずである。』

 

と言い、天才芸術家、ミケランジェロは、

『私の作業が終わるときです。』

 

と言って、いつまで経っても終わらないでイラついていた、雇い主であるユリウス二世に逆らった。

 

しかし彼らは、自分のやっていることに確信を持っていた。だから別にそれでどういう代償を払うことになっても、動じない。いやむしろ、彼らは『代償』だとは思っていないのだ。

 

確信

 

人はいずれ死ぬ。それと同じだ。そう捉えているのである。自分を貫き、その道の上で何かを失った。それは、自分の命と同じである。すがりつくものではない。依存し、執着するものではないのだ。

 

天才芸術家、岡本太郎は言った。

『私は、人生の岐路に立った時、いつも困難なほうの道を選んできた。』

 

空しい?だとしたらそれは嘘をつき、目を背けている。『たった一度の自分の人生』に。

 

松下幸之助は言った。

『自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。』

 

道

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

三浦綾子『人間として本当の生き方に立っていたならば、一生を育児に捧げようと、芸術に捧げようと、決して空しさに終わるはずはない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『一つの製品を生み出すためには、醗酵の期間が大事なように、人生というものはすべて、待つ間に熟して行くのだ。』

 

『人生にはピリオドは唯一つで、あとはコンマ、コンマの連続だという思いがしきりにした。最後の終止符を打つまでは、人生いろいろなところでコンマが打たれるのだ。』

 

『いままでふり返ってみて、大きな不幸と思われることが、実は大切な人生の曲がり角であったと思われてならない。』

 

『今日という日には、誰もが素人。』

 

『秀れた人間というのは、他の人間が、愚かには見えぬ人間のことだろう。』

 

『言葉は人間の運命をも変えるほど大きなものです。』

 

『ほんとうに自分の行為に責任をもつことができる人だけが、心から「ごめんなさい」と言えるのではないだろうか。』

 

『失敗を恐れて何もしない人間こそ、全生涯が失敗となる。』

 

『つまずくのは、恥ずかしいことじゃない。立ち上がらないことが、恥ずかしい。』

 

『今までふり返ってみて、大きな不幸と思われることが、実は大切な人生の曲がり角であったと、思われてならない。』

 

『長い間その人を慰め、励まし、絶望から立ち上がらせる言葉を、胸にたくさん蓄えておかねばならない。』

 

『包帯を巻いてあげられないのなら、むやみに傷口に触れてはならない。』

 



↑ PAGE TOP