名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

『逆に、なぜ一本道だと思ったのか。』

 

目次


  • 意味
  • 関連する黄金律
  • 関連する偉人の言葉
  •  

     

    意味


    壁にぶつかるたびに、 

    (うぅ…!!まただ…もう俺はダメなんだ…!!) 

     

     

    と言っている時間があれば、そのまま迷路を続けた方が早い。 

     

    壁にぶつかったことをいちいち悲観視する時間は無駄だ。なにしろ、我々は迷路をやっているのである。

     

    迷路 

     

    逆に、なぜ一本道だと思ったのか。

     

    どうせ死ぬんだ。その儚い人生を尊い人生に昇華させる為には、通るべき道は、安易な一本道ではない。

     

     

     

    シェア

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』

     

     

     

    17.『それは『行き止まり』ではない。ただの『曲がり角』だ。

    『目の前に壁が立ち塞がった』って、そりゃあそうだろう。『迷路』をやっているのだから。


    >>続きを見る

     

     

    関連する偉人の言葉

    過去記事

    この言葉は以下の記事を通して浮かび上がったものです。

     

     

     

    安藤百福『即席めん開発に成功したとき、私は48歳になっていた。遅い出発ともいわれるが、人生に遅すぎるということはない。50歳でも、60歳でも新しい出発はある。』

     

     

     

    李白『黄河を渡らんと欲すれば、氷、川を塞ぎ、将に太行に登らんとすれば、雪、山に満つ。』

     

     

     

    竹村健一『壁にぶつからないようにするためには、じっと動かずにいるか、山奥に逃げ込んで世捨て人になるしかない。』

     

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    広告

     

    ↑ PAGE TOP