名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  > > >

 

『それは『行き止まり』ではない。ただの『曲がり角』だ。』(4ページ目)


 

  • 弟子とは
  •  

     

     

    ・⇐BACK(一致する偉人の名言)

     

    弟子の内省(2016年)

     


    人生を楽しむことができていれば、何があっても歩き続けられる

     

    勝手に作った壁が目の前に現れたとしても、悲観的にならず、前向きに、楽しんで生きているのであればどうすれば壁を乗り越えていけるのかを考えるようになる。楽しむことができず、悲観的になっていると、何で自分の目の前にはこんな壁ができるんだと、悲観的になり、乗り越える方法を探す前に被害者の図式を頭に浮かべてしまう。前向きに楽しんでいるのか、悲観的になり楽しむことができていないのかで、目の前の出来事に対して、同じことが起こっているはずなのに感じ方が100%違うものになってしまう。

     

    同じことをするのでも、目の前の事を楽しむ意識を持つことができれば歩みを止めることなく、その先にはどんな楽しいことが待っているのかとワクワクする気持ちになり、歩く速度も自然と上がっていく。逆に楽しめないまま、目の前の壁を乗り越えようとするのであれば、なかなか乗り越える方法を見つけることができず、足取りも重たくなっていってしまう。

     

    この違いだけを考えても、どういう気持ちの持ち方が重要か、気持ちの持ち方次第で行動も全く違うものになるということから目を逸らさなければ、考え方も行動も変えることが重要だということに気づくはずだ。もし、楽しめないことがあるとしたら、勝手にその事に対して、自分が苦手と決めつけたりして避けていることになる。苦手と決めつけるだけで、解決方法も楽しむ方法も見つけることができなくなり、結果的に同じことをするのであれば、気持ちの違いだけで損をすることが出てくる。

     

    結局、歩き続け、前に進む事を続けていくのであれば、どんな状況であっても、その場その場で楽しむ方法を探すという意識を持つことが、人生を歩き続けていく中で重要なことだ。もし、歩き続けることを辞めるのであれば、それは人間として死ぬということと同じことだと常に考え、歩みを止めることなく、今を楽しむ方法を探すことを考えていく。

     

     

     

     

    ・⇐BACK(一致する偉人の名言)

     

     

    シェア

     

    『それは『行き止まり』ではない。ただの『曲がり角』だ。』(4ページ目)


    スポンサーリンク

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ



    ↑ PAGE TOP