『ヒト』を最適化しよう。

マウスウォッシュは口臭対策になるけどアルコール入り洗口液に注意!

マウスウォッシュ?デンタルリンス?洗口液?

マウスウォッシュにはいくつかの呼称があります。

 

  • マウスウォッシュ
  • デンタルリンス
  • 口内洗浄剤
  • うがい液
  • 液体歯磨き
  • 洗口液

 

どれも似たようなものです。しかし厳密には違います。まず、上の4つの違いはさほどありません。しかし、後の2つは違います。

 

液体歯磨き
液体タイプの歯磨き剤。通常の歯磨き粉のようにブラッシングを併用するもの。
洗口液
ブラッシングはせず、口をすすぐことで口臭予防や口腔洗浄、爽快感などの効果を得られる。

 

上の4つに関しては『どう呼んでもいい』のですが、下の2つに関しては、ブラッシングを必要とするかしないかというところで明確に違いますね。

 

液体歯磨き

ですからまず以下の3つが『液体歯磨き』、

 

 

洗口液

そして以下の3つは『洗口液』の部類に分けられるわけですね。

 

 

先生

液体歯磨きは歯磨き前にやるもの、洗口液は歯磨き後にやるものだね!
なるへそ!

ハニワくん

マウスウォッシュの注意点

また、これらマウスウォッシュには更に種類があります。例えば下記の3つと、

 

 

下記の3つ。

 

 

違いはなんだかわかるでしょうか。答えは『アルコール』です。上がアルコール入りで、下がノンアルコールタイプですね。アルコールが入っている理由は『洗浄力』…ではなく、実は『味のため』だといいます。アルコールを入れると洗浄成分独特の味が誤魔化せるということで、マイルドになるということなんですね。

 

しかし実はこのアルコールタイプには問題があります。『口臭の95%は思いすごし』にはこうあります。

マウスウォッシュはNG

 

(省略)それに加えて市販のうがい液には『アルコール』が入っているものが多いのです。(中略)あれはアルコールによって皮膚の表面から水分が失われ、乾燥するためにすっとするのですね。つまりアルコール成分の入ったうがい液でうがいをすれば、口の中の水分が奪われて乾燥してしまうというわけです。うがい液はスーパーの口腔ケアグッズコーナーに並んでいますが、上手に選ばないとこのようにさまざまなストレスをお口の中に与えてしまうのです。

 

アルコールによって口の中の水分が失われ、乾燥してしまうのです。水分や唾液がなくなったり、交感神経が優位になるとネバネバ唾液になり、酸素を嫌う嫌気性菌(悪玉菌)が増えて、それがニオイを発生させてしまいますから、それが逆に口臭の原因となる場合があるわけですね。

 

 

自律神経や環境によって口の中に起きる変化

繁殖する菌 分泌される唾液 ニオイ
交感神経優位 悪玉菌。酸素を嫌う嫌気性菌 ネバネバ唾液(粘液性唾液) する
副交感神経優位 善玉菌。好気性菌脂臭 サラサラ唾液(漿液性唾液) しない

 

 

 

1 2 3 4