『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

エレベーターなどの密室で口臭が気になるのは日本人だけ?対策は

エレベーターなどの密室で口臭が気になる!どうしたらいい?

以下の対策を考えましょう。

 

  • 密室に入らない
  • 密室前だけは特に入念にケアをする
  • メンタルを鍛えて交感神経を優位にさせない

 

やはり一番いいのはそういう場所を避けることです。どうしても口臭が気になる場合はなるべく密室には入らないようにしましょう。

先生

エレベーターに乗ることがわかっているなら、事前に対策はできるからね!何事も事前の対策が必要だよ!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

アジア人に見られる傾向

 

下記の記事にはこう書きました。『ワキガのせいで電車やエレベーターに乗るのが怖いと思っているのはアジア人だけかもしれません。欧米ではほとんどの人がワキガ体質だからです。』事実、白人の8割、黒人の10割がワキガ体質だからです。

 

人種別ワキガ体質の割合

  • 黒人:100%
  • 白人:80%
  • 日本人:10~15%
  • 韓国、朝鮮人:5%

 

 

しかしそれはワキガの場合です。これが『口臭』になると、やはり日本人以外の人も気になるところでしょうか。しかし、『お口のさわやかエチケット』(三省堂)にはこうあります。

なぜ欧米人には口臭を持つ人が少ないの?

 

(省略)欧米人にも口臭を持つ人はけっこういます。肉食中心の食生活は、むしろ日本人よりも口臭を発しやすいのです。でも、欧米では、生活習慣の中に挨拶としてのキスが根付いています。そのため、普段から歯の手入れをはじめ口臭対策をおろそかにはできず、それが口臭の除去に役立っているのです。アメリカをはじめ、欧米諸国では、口腔の清潔を保つ商品の巨大なマーケットが存在します。このような需要があること自体、口臭対策の切実さと関心の高さの反映だと思います。

 

 

外国人の中には、『生活習慣の中に挨拶としてのキス』がある場合があります。そのような『生きている文化と環境』の中で、自然と口腔内の環境が清潔になっているのかもしれません。しかし記事にあるように、『肉食中心の食生活は、むしろ日本人よりも口臭を発しやすい』わけです。ですから、外国人であっても口臭があるというのが正解です。

 

 

ただ確かに、

 

  • 生活習慣の中に挨拶としてのキスがある
  • 口臭が強くなる国だからこそ対策がしっかりしてる

 

という事実があることも確かで、そう考えると日本人はエレベーターなどの密室で口臭が気になってしまうかもしれません。つまり日本人は、外国人ほど対策をしていないからです。

 

先生

日本人はアメリカ人ほど口臭対策をしていないことを考えると、口臭は気になるし、ワキガも日本人には少ないから気になるね!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ワキガのせいで電車やエレベーターに乗るのが怖いと思っているのはアジア人だけ。
  • 日本人はエレベーターなどの密室で口臭が気になってしまう。

日本人独特の考え方の甘えが口臭の原因?

下記の記事に書いたように、

 

 

日本人の歯磨き事情のデータをまとめるとこうなります。

 

  • 毎日歯を磨いている人:95%
  • 1日2回以上歯を磨く人:73%
  • 毎日3回以上歯を磨いている人:25%
  • ときどき磨く人:2%
  • 磨いていない人:1%

 

つまり日本人は、きれい好きできちっとしていて清潔で、しかも毎日のように、2回以上歯を磨いていて、中には3回以上歯を磨いているというのに、『日本は先進国でもっとも虫歯の多い国』なのです。その理由は恐らく先ほどと同じ考え方で、

 

  • 挨拶としてのキスがない
  • いざとなれば歯医者に行けばいいと思っている

 

と思っているからです。先ほど海外の場合は『口臭が強くなる国だからこそ対策がしっかりしてる』と書きましたが、逆に日本人は、『口臭があまりないと思っているから対策をしっかりしていない』ということになります。それが『先進国でもっとも虫歯の多い国』を生み出している理由の一つとなるでしょう。

 

ここには『日本人独特の考え方の甘え』が関係しています。アメリカの破産の原因の第一位は『医療費の未払い』ですから、日本人はアメリカ人ほど危機意識がないのです。つまりアメリカは、

 

健康を損ねたら大変だ!普段の心掛けが大切なんだ!

 

という『前始末』型の考え方になっていて、日本は、

 

病気になってもその時に病院に行けばいいや

 

という『後始末』型の考え方になってしまっているということなのです。アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、フィンランド、スウェーデン、日本以外の先進国は本当に、日本人よりも歯の環境が優れています。そう考えると、やはり日本人と比べて海外の人々は、その『生きている文化と環境』の中で、自然と口腔内の環境が清潔になっているのかもしれません。つまり日本人は結果的に、『口腔内の最適化がおろそかになる文化と環境で生きている』と言えるでしょう。

 

 

先生

だけど世界から見ても日本人は綺麗好きだからね!外国人はみんな日本の街がきれいだって口をそろえるよ!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 日本は先進国でもっとも虫歯の多い国。
  • 日本人は、『口臭があまりないと思っているから対策をしっかりしていない』可能性がある。

日本人の虫歯は減少傾向にある?

 

しかしもちろん各記事にも書いているように、外国人の中にも口臭がある人は大勢いるし、日本人にも口臭がない人は大勢います。これは単なる一つのデータにしか過ぎないので、確実なことではありません。例えば2018.12.31の日経PRESIDENTにはこうあります。

虫歯 銀歯ではなく白プラスチックも保険適用に

 

しばらく行かない間に常識が変わるといえば、歯科医院もそうだ。虫歯にならなければ歯科医院に行かないという人もまだ多いだろうが、海老沢歯科医院の海老沢聡院長によれば、日本人の虫歯は減少傾向にあるという。背景には『食生活や生活習慣の改善があるのではないか』と海老沢氏は推測する。その代わりに歯科医院での治療も歯石除去や強制などのメンテナンスに変わってきているという。

 

『日本人の虫歯は減少傾向にある』と出てきましたね。しかし先ほどは『日本は先進国でもっとも虫歯の多い国』だとありました。一体どちらが正しいんでしょうかね。そう考えると、

 

  • 外国人は口臭がない
  • 外国人は口臭の原因となる食事を食べる

 

という事実が乱立するように、 『日本人は虫歯が多く、口臭がある』というのもあまり参考にはならないデータかもしれません。ある人もいれば、ない人もいるということですね。ただ一つだけ言えるのはワキガと違って、口臭の方が圧倒的に発生する可能性が高いということです。それは、日本人だろうと何人だろうと関係ないことですからね。下記のような食事をすれば誰でも口臭が出ます。

 

 

先生

結局データって何かしらの偏りがあるよね!だから過信はできないね!ただ、さっき言った『日本人は綺麗好きだと思われている』っていうデータは、確かに存在するしね!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 日本人の虫歯は減少傾向にあるというデータもある。

密室を潜り抜ける対策は

さて、ワキガの記事では、問題を解決するためには、

 

  • 日本人の『反ワキガ』の価値観を変える
  • 『親ワキガ』の国へ移住する
  • 自分のワキガ体質を手術で根本治療する
  • 密室に入らない
  • 密室前だけは特に入念にケアをする
  • メンタルを鍛えて交感神経を優位にさせない

 

といったいずれかの選択肢を選ぶ必要があると書きました。このうち口臭でも該当するのが、後の3つですね。

 

  • 密室に入らない
  • 密室前だけは特に入念にケアをする
  • メンタルを鍛えて交感神経を優位にさせない

 

どうしても口臭が気になる場合はなるべく密室には入らないようにしましょう。

 

クロレッツやフリスク

 

ただ、どうしても入らないといけない場合があるなら、ワキガの場合はデオドラント製品を駆使すると書きましたが、口臭の場合も口臭グッズを使ってみましょう。また、クロレッツ(ガム)を噛んだり、

 

フリスク、ミンティア、マウススプレ

 

ブレスケア

 

このようなアイテムはエレベーター程度の短時間であれば効果を発揮します。

 

乾燥昆布やドライフルーツ

 

また、

 

乾燥昆布

 

ドライフルーツ

 

を使って唾液の分泌を促すのもいいでしょう。

 

マスク

 

またその際、マスクをするのもいいですね。口臭を抑えるのと同時に、それらのアイテムを口にしているのを隠す効果もありますから一石二鳥です。一つ一つに特徴がありますから、記事を見て自分やその状況に適したものを使いこなしましょう。

 

 

また、そのように口臭が気になる場合は、普段からマスクをしたりして、周囲の人に『免疫』を与えるというのも手です。そうすれば、いきなりマスクをしても気になりませんから、花粉症、ハウスダストアレルギー等の持病を何気なく偽り、普段からマスクをしておけばつじつまが合います。

 

キシリトール100%のガムを噛む

 

また下記の記事に書いたように、キシリトールの含有率が多ければ多いほど、ガムは硬くなります。噛み応えが強くなるほど、唾液の分泌が促され、口の中のpHが酸性から中性に戻りやすくなります。この『酸性、中性』というのはこういう意味です。

 

STEP.1
ミュースタンス菌が口に入る
 
STEP.2
飲食物の糖分を分解し、グルカンというネバネバした物質を作る
 歯の表面に張り付いてプラークを形成する。
STEP.3
菌が増殖するとバイオフィルムと呼ばれる膜となり歯を覆う
 歯ブラシも抗菌剤も太刀打ちできないほどの強固なバリア。
STEP.4
この絶好の環境の中でミュースタンス菌は糖分を餌に酸を作り、放出し続ける
 
STEP.5
この酸がエナメル質を少しずつ溶かし、歯の表面に穴が開いて虫歯となる
 
STEP.6
エナメル質は人体で最も硬い組織。
 

 

もう一つの流れがこうですね。

 

STEP.1
食事をして口の中が酸性になる
 
STEP.2
エナメル質からミネラル分が溶け出す『脱灰』が起こる
 脱灰が始まるのはpH5.5より下がったとき。
STEP.3
本来は『緩衝能』という唾液の力によって『再石灰化』が行われる
 これによって脱灰した部分が修復される。
STEP.4
しかしあまりにも一日に脱灰が頻発すると再石灰化が間に合わない
 結果的に修復が間に合わず、穴が空きやすくなる
STEP.5
虫歯になる
 

 

つまり、口の中はあまり酸性のままにしておきたくないんですね。虫歯になりやすいからです。キシリトールの含有率が多ければ多いほど、ガムは硬くなり、噛み応えが強くなるほど、唾液の分泌が促され、口の中のpHが酸性から中性に戻りやすくなります。したがって、『キシリトール100%の硬いガム』を噛むということは、『口臭の原因になる口の筋肉の衰え予防』になるのです。

 

 

このように、『キシリトール100%の硬いガム』を食べてもいいでしょう。そして、それを食べる習慣を身につけるのです。すると、『いつもガムを噛んでいる人』という印象が作られます。それが不謹慎の場合は、マスクをするのです。そうすれば、『いつもマスクをつけてガムを噛んでいる人』という印象ができ、

 

  • 口臭対策
  • 人目対策

 

の2つの目標が達成できるわけです。理由としても、『歯医者にキシリトール100%のガムを噛むように言われた』とか、『虫歯になりやすいから対策で』などと言えば通用するでしょう。それが職場であれば、『以前しょっちゅう歯医者に行っていたので、そうならないように予防しています』などと言えば、誰も文句は言えなくなります。このあたりの対策をすれば『その場しのぎ』程度の短時間の対策なら十分と言えるでしょう。

 

メンタルを鍛えて交感神経を優位にさせない

 

また『メンタルを鍛えて交感神経を優位にさせない』ということですが、これは口臭の場合でも通用する話です。なぜなら、水分や唾液がなくなったり、交感神経が優位になるとネバネバ唾液になり、酸素を嫌う嫌気性菌(悪玉菌)が増えて、それがニオイを発生させるからです。

 

自律神経や環境によって口の中に起きる変化

繁殖する菌 分泌される唾液 ニオイ
交感神経優位 悪玉菌。酸素を嫌う嫌気性菌 ネバネバ唾液(粘液性唾液) する
副交感神経優位 善玉菌。好気性菌脂臭 サラサラ唾液(漿液性唾液) しない

 

 

つまり自律神経が乱れると、発汗を促して体臭やワキガでの問題も起きますが、このように『ニオイを出す細菌』が口の中に繁殖して、口臭の原因にもなるのです。ですから、ワキガの記事と併せてそのあたりのことを最適化するよう意識しましょう。ただ、ここに挙げた『対策(事前準備)』をしていれば、そういういざという場面であわてることはありません。

 

  • 交感神経が優位=緊張、不安
  • 副交感神経が優位=リラックス

 

ですから、交感神経が優位になることはないでしょう。むしろ対策はバッチリなので安心して密室を過ごすことができます。また下記にあるように、口臭の原因はたくさんあります。

 

様々な口臭の原因とニオイの種類

歯周病・虫歯 イオウのニオイ
胃腸病 卵の腐ったニオイ
肝臓病 ネズミ臭(濡れ雑巾とニンニクが混ざったようなニオイ)
糖尿病 甘い、甘酸っぱいニオイ(ケトン体)
腎臓病 アンモニアのニオイ
呼吸器系疾患 生臭い、肉の腐ったニオイ
心臓病 生臭い、肉の腐ったニオイ
唾液の減少 雑巾や布巾のような生乾きのようなニオイ

 

 

もし病気が原因での口臭であれば、『密室でのその場しのぎ』よりも考えることがありますよね。

 

歯垢(プラーク)

 

胃腸病

 

歯周病

 

虫歯(詰め物)

 

蓄膿症(副鼻腔炎)

 

扁桃腺炎

 

プラークコントロール、つまり適切な歯磨きを含めて、これらの記事を見て該当する問題の根本解決をするようにしましょう。

 

先生

口臭の原因はたくさんあるから、自分がどの口臭を持っているかを見極めてから対策をすることが必要だね!しかも普段からの心掛けが大事だよ!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 密室を潜り抜ける対策を確認する。