『ヒト』を最適化しよう。

胃腸病による口臭は歯周病に匹敵するほど多い!

『腸肝循環』の悪化でたんぱく質系の口臭が出る

下記の記事に書いたように、口臭の原因はたくさんあります。ですから、『口臭の原因は○○だ!』と簡潔にまとめることはできません。原因がそのうちのどれに回答するのかをまず見極めて、そして対応する必要があります。

 

様々な口臭の原因とニオイの種類

歯周病・虫歯 イオウのニオイ
胃腸病 卵の腐ったニオイ
肝臓病 ネズミ臭(濡れ雑巾とニンニクが混ざったようなニオイ)
糖尿病 甘い、甘酸っぱいニオイ(ケトン体)
腎臓病 アンモニアのニオイ
呼吸器系疾患 生臭い、肉の腐ったニオイ
心臓病 生臭い、肉の腐ったニオイ
唾液の減少 雑巾や布巾のような生乾きのようなニオイ

 

今回取り上げるのはこのうち『胃腸病』ですが、これによる口臭は上にあるように『卵の腐ったニオイ』ですね。『気になる口臭・体臭・加齢臭』にはこうあります。

口臭の原因の中で、歯周病に並んで多いのが胃腸病です。胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などにかかると、消化不良を起こしやすくなります。その結果、食べたものが胃の中に停滞し、異常発酵するのです。そこで発生したニオイ物質が長官から吸収され、血流に乗って肺から排泄、『卵の腐ったようなニオイ』の口臭となって出てくるのです。

 

また、腸の働きが低下したり、腸内に疾患がある場合は、腸内の細菌バランスが崩れ、悪玉菌が増加してニオイ物質を発生させます。胃腸の病気を起こす最大の原因はストレスといわれています。その他、睡眠不足や暴飲暴食、偏食、美食(動物性たんぱく質の過剰摂取)、便秘なども胃腸病の原因にあげられます。

 

冒頭に張った記事に『たんぱく質系のニオイは『腸肝循環』の悪化が原因』と書きましたが、つまりこういうことですね。

 

STEP.1
正常な肝臓は、小腸に送られた栄養素を吸収すると同時に、ニオイ物質を分類して排泄する
 
STEP.2
肝臓の働きが低下するとこの分別機能が悪くなり、ニオイ物質はそのまま血流に乗って体内をめぐる
STEP.3
これが肺に送られれば、呼気にニオイが混じって口臭が発生する
 皮膚表面に送られれば、汗と一緒に排泄されて体臭となる。

 

基本的に多くの口臭はたんぱく質系ですが、そのニオイは『腸肝循環』の悪化が原因です。口臭の原因の中でトップ2を上げるとしたら以下の2つですが、

 

口臭の原因トップ2

  • 歯周病
  • 胃腸病

 

やはり口臭の一番の原因は『歯周病』が多いのですが、胃腸病というのは歯周病の次に多い口臭の原因です。『腸肝循環』というのはこのうち『胃腸、肝臓』に問題がある場合のことを言います。胃腸病というのは、

 

  • 胃炎
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 胃がん
  • 肝硬変

 

などですが、それら胃腸病ににおける腸機能の低下によって消化不良が起こり、飲食物が腸内で異常発酵し、ニオイ物質を生み出すわけです。

 

先生

胃腸病だけじゃなく、ストレスで胃が痛くなるだけでも口臭がでることがあるよ!でもそれはストレスで唾液がなくなっているっていうこともあるけどね!
なるへそ!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. 『腸肝循環』の悪化でたんぱく質系の口臭が出る。
  2. 胃腸病というのは歯周病の次に多い口臭の原因。

 

胃腸病の原因とは

胃腸病の原因は以下のようなものが挙げられます。

 

胃腸病の原因

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 暴飲暴食
  • 偏食
  • 美食(動物性脂肪とたんぱく質の過剰摂取)
  • 便秘

 

 

ですから、胃腸病が原因の口臭であれば、このような部分の最適化をすれば口臭対策になります。今回は病気そのものよりも『胃腸病と口臭』というテーマですから、それら胃腸病の原因に絞って、各胃腸病の原因についてまとめてみましょう。

 

胃腸病の原因

概要 原因
胃炎 胃に炎症が起きる状態。急性胃炎と慢性胃炎がある。 ストレス、アルコールの過剰摂取、暴飲暴食。ピロリ菌(慢性胃炎)
胃潰瘍 胃の粘膜がただれて胃壁に穴が空いた状態。 ストレス、暴飲暴食、タバコ、飲酒やコーヒーの大量摂取、香辛料等の過剰摂取、薬の長期服用、ピロリ菌の感染
胃がん 肺がんに次いで2番目に多いがん。 塩分の多い食事、タバコ、添加物、ピロリ菌
十二指腸潰瘍 胃潰瘍は中年が多く、十二指腸潰瘍は若い人が多い。 9割がピロリ菌感染
盲腸 虫垂炎。虫垂内部が炎症を起こした病気。 はっきりした原因は不明。便や異物などで虫垂がふさがれることで発症することが多い
腸閉塞 イレウスともいう。腸管が何らかの原因でふさがり、内容物が通過できなくなる病気。 腸の手術や炎症などによって腸管が閉塞されて起きる(機械的イレウス)、腸管の血管や神経に障害が起きるこおで腸内に内容物が滞る(機能的イレウス)
腸炎 急性腸炎と慢性腸炎がある。 O-157やコレラ菌、サルモネラ菌などの細菌やロタウイルスなどにウイルスが腸管に感染することで起きる(急性腸炎)、暴飲暴食、過度のアルコール摂取、食物によるアレルギー、薬

 

やはり先ほども挙げたようなものが主な原因ですね。その他、

 

  • 手術
  • 細菌・ウイルス感染

 

などが影響してきます。このようなウイルスに感染しやすくなるのも、『睡眠不足』や『ストレス』等によって免疫力が下がってきたときだったりしますから、先ほど挙げた要素は非常に重要です。もっとわかりやすく言えば、

 

  • 食事
  • 運動
  • 睡眠
  • 排泄
  • ストレス

 

の5大要素ですね。この最適化をすることで、これらの胃腸病を予防することができます。とにかくこの5大要素は重要で、この問題を含めたありとあらゆる問題につながっています。例えば当サイトや姉妹サイトで扱っている主要テーマである、

 

 

これらすべてのテーマに関係しています。この5大要素を無視してこれらの美容・健康問題を考えることは絶対にできません。ですから、この5大要素を最適化して得られる恩恵は一石二鳥どころの騒ぎではないのです。そう考えると、とてもやりがいがありますね。ありとあらゆる心身の問題につながっていると思って、必ず最適化しましょう。

 

例えばストレスについて調べるために見るべきなのは以下の記事です。これ以上ネット上でストレスの害悪について書いた記事はないでしょう。

 

『いつも心が愉快であることの、甚大な恩恵を知れ。』

 

ストレスがどれだけ問題なのか

例えば一部を抜粋してみましょう。東京大学大学院教授、池谷祐二の著書、『脳と心のしくみ』にはこうります。

免疫物質が慢性疲労を引き起こす

 

慢性疲労患者の脳を詳しく調べた調査では、意欲、計画性、創造性などをつかさどる前頭前野が委縮し、脳内のさまざまな場所でアセチルカルニチン、セロトニンといった神経伝達物質の代謝が減少していたという。

 

さらに、強制的に運動させて疲労状態にさせたラットの脳脊髄液を健康なマウスの脳に注入したところ、元気のよかったマウスが突かれた状態になってしまったという結果も出ている。その原因を分析してみると、マウスに疲れをもたらしたのは、免疫物質のTGF-β(トランスフォーミング増殖因子ベータ)であることがわかった。

 

TGF-βはウイルスや細菌などの病原体が入ってきた時に攻撃命令を伝える物質として知られる。ストレスを抱えると、TGF-βが過剰に放出され、病原体だけでなく、脳にも好ましくない影響を与えてしまうというのだ。

 

人は、ストレスを負うだけで病気になってしまうのです。胃腸病は特にストレスの悪影響を受けやすいですからね。このほかにもその記事にはストレスと心の問題についてたくさんの文献をまとめていますが、体の最適化を考える際に、心の最適化をないがしろにすることは決してできません。

 

 

先生

ストレスの害悪性を軽んじている人は結構いるだろうね!単純に害悪性を知らないっていう人もいるだろうけど、実際にはとても重い毒素なんだ!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

1 2 3 4