『ヒト』を最適化しよう。

マスクを使って様々な口臭対策ができる!でも、口呼吸に注意!

マスクで口臭を防げる?

 

口臭対策のガムやだし昆布を覆い隠せる

また、ガムを噛む動作を見られたくない場合は、記事に書いた『簡単に口腔内緊張をコントロールできるガム法』も手段の一つです。つまりこういうことですね。

 

STEP.1
ガムをボールのように丸めたまま、噛まずに舌の上に常においておく
 
STEP.2
『ガムのボール』をかまない限りは異物として認識されるため、反射的に吐き捨てようとして、水のような唾液が分泌される
 
STEP.3
その唾液によって口臭予防ができる
 緩衝能を煽って中性にし、再石灰化をさせることもできる。

 

これであればガムを噛む動作をしなくても唾液が分泌され、それによって口臭対策ができるわけです。更に同じような手段として、『気になる「臭い」がみるみる消える100のコツ―ワキ、足、口の臭いから生活臭、服の臭いまですっきり』にはこうあります。

だし昆布を口に入れて唾液分泌を促進 口臭や口の乾燥を防ぐ!

 

口臭の原因となる雑菌を洗い流す唾液。その唾液の分泌を促す方法はいろいろあります。食べ物を口の中に含ませるのもその一つです。そこでおすすめなのが『だし昆布法』です。これは、1×2㎝くらいのだし昆布を口に含むという方法。だし昆布を口に入れると、『異物』があると認識して舌は昆布をコロコロ転がします。その刺激によって、唾液もどんどん出てくるのです。

 

全く同じ考え方ですね。ただ、先ほどのガム法と比べると、こちらの方がより優れた口臭対策かもしれません。ポイントを挙げてみましょう。

 

  • 昆布をかみ砕かずに口中に含み続け『異物』と認識させ続けること
  • 水分を少量含むことでさらに唾液の分泌が増える
  • ガムと違って食べられる
  • 昆布に含まれるミネラルが口臭対策になる

 

最初はガムと同じですが、『水分を少量含むことでさらに唾液の分泌が増える』というところは、だし昆布ならではの現象です。さらに、『ガムと違って食べられる』のもいいですね。動作を見られたくないような環境で、いざというときには食べてしまえば証拠隠滅できるわけです。

 

更にミネラルですが、『ヨード』が舌粘膜の新陳代謝を高め、弱った舌の表面を回復させ、余分な舌苔をつかなくさせます。また、『キサンティン、クロロフィル』といった脱臭作用のある成分も含まれています。更に、『アルギン酸、ヒアルロン酸』が、その保湿作用によって口の中の乾燥を予防します。

 

昆布の栄養と口臭に与える影響

ヨード 舌粘膜を強化し、余分な舌苔をつかなくさせる
キサンティン 脱臭作用
クロロフィル 脱臭作用
アルギン酸 保湿作用によって口の中の乾燥を予防
ヒアルロン酸 保湿作用によって口の中の乾燥を予防

 

これらの口臭対策は、ただでさえ周りの人に気づかれにくい対策なのに、更にその上からマスクをするのであれば、より一層ひっそりと行うことができます。マスクにはそういう利点もあるということですね。

 

もちろん、マスクでの口臭対策は一時的なもの、その場しのぎでしかありません。口臭の原因は他にしっかりとありますから、同時にその原因の根本治療をしましょう。例えば、

 

歯周病のせいで口臭が出ているけど、マスクをすればそれでOK

 

なんていう考え方は、本末転倒ですからね。

 

 

先生

ガム法よりも有効なのがだし昆布法だね!ただ、キシリトール100%の硬いガムを噛むこともメリットがあるから、どちらでもいいんだ!
なるへそ!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. マスクは口臭対策になる。
  2. 口臭の原因の一つには、『口の筋肉が衰えている』ということ。
  3. 『キシリトール100%の硬いガム』を噛むということは、『口臭の原因になる口の筋肉の衰え予防』にもなる。
  4. マスクをすれば、その中で『キシリトール100%の硬いガム』を噛んでも、それを『覆い隠す』ことができる。
  5. マスクでの口臭対策は一時的なもの、その場しのぎでしかない。

 

口呼吸になるのはデメリットが多い

また、マスクをすると意外と『口呼吸』になる人が多いのですが、口呼吸はデメリットが多く、推奨されません。例えば下記の記事に書いたように、『扁桃腺炎』などになることもあります。マスクをしても鼻から酸素を吸い、口から吐き出すように意識しましょう。

 

 

また先ほどマスクの用途として以下の例を挙げましたが、

 

  • 花粉等のアレルゲンとなるようなものが口に入るのを防ぐ
  • 風邪をひいている人がウイルスをまき散らさないようにする
  • 料理人が唾液を料理に入れないようにする

 

『マスクをするとマスクが臭くなる』という現象は、『自分の唾、唾液』のニオイを嗅いでいる場合があり、必ずしもそれ=口臭があるということにはなりません。自分の指に唇の中の粘膜を付着させて濡らし、それを鼻に持っていって嗅ぐと誰もが臭いと感じますが、あれと同じようなものなので、特に気にする必要はないでしょう。

 

この場合においても、冒頭に挙げた自律神経等の変化によって、ニオイがする唾、ニオイがしない唾という状況がありえます。

 

先生

マスクをする場合は口呼吸にならないように注意しよう!
しよう!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. マスクをすると意外と『口呼吸』になるが、それは推奨されない。

関連記事とSNS

他の関連記事を探す

香水はワキガ対策になる?臭いワキガのニオイと相性が良い香りはない?ワキガ対策になるワキの洗い方やシャワー・お風呂の入り方とは!?半身浴(汗腺トレーニング)で『良い汗』をかこう!ホットヨガでワキガは治る?ワキガ体質でジムに通う際は何を気を付けたらいい?脱毛・永久脱毛をするとワキガが治る?わき毛を『抜く』のはワキガの原因?『剃る』のとどう違う?ワキガは部屋にうつる?ニオイが染み付いた部屋の掃除方法と根本的な対策

SNSでこのカテゴリーの知識を強化する

1 2 3