『ヒト』を最適化しよう。

『ニキビ・円形脱毛症』に効く漢方薬はあるけど種類がたくさんあってカスタマイズに手間取る

漢方薬は覚えるのが難しい

ニキビに効く漢方薬はいろいろあります。漢方薬自体、そう簡単なものではありません。体質によって使うべきものが違いますし、使うタイミングというものもあります。また、漢方や薬と比べて悪影響が少ない方ですが、漢方薬自体が毒ですから、それによって副作用に苦しむ例もなくはありません。

 

『「からだの不思議」雑学事典 (王様文庫)』にはこうあります。

漢方薬は『体にやさしい』ってこれホント?

私たちは、『体調を良くしてくれたり体を丈夫にしてくれるものであれば、体にいいものなんだろう』と思いがちだ。漢方薬がいい例だ。『漢方薬は体にやさしい』というフレーズをよく耳にする。しかし、それが違うのだ。むしろ、漢方薬は『体に良くないものだから、体からの排出が促進されて健康になる』のである。じつは、漢方薬は毒なのだ。

 

(中略)排泄というのは人間にとって大切な機能。体にため込まれた老廃物や毒素などがしっかり排泄されると、免疫力が高くなり、体調がよくなる。漢方薬は天日で干されているので、黒くカラカラ乾いている。苦くてまずくて、栄養になるようなものはほとんどない。それを飲むと、体が毒だと判断して、一所懸命排出しようとする。その結果、体にため込まれていた悪いものも一緒に出て、免疫力が高まるというシステムなのだ。

 

さしずめ、

 

  • 西洋医学=治療
  • 東洋医学=治癒

 

ということでしょうか。外部から治す治療と、内部から治す治癒の違いというイメージで、わざと『毒である漢方薬』を飲んで、その排泄を促し、体を健康にするのです。

 

ですから、その毒素によって体調不良を起こすことはあります。『NHKきょうの健康 漢方薬事典 改訂版』にはこうあります。

漢方薬なら副作用がない?

『漢方薬には副作用がない』というイメージをもっている人がいます。しかし、漢方薬も薬ですから、副作用が起こることはあります。一般に、頻度は低く、副作用のために漢方薬を使えなくなる人はめったにいませんが、注意は必要です。当然、アレルギーが起こる可能性もあります。漢方薬を飲んで、発疹、かゆみ、腹痛、下痢、食用k不振、むくみなど、不都合な症状が現れたり、体の調子がふだんと違うと感じたら、副作用を疑うことも必要です。万一副作用が出ても、たいていは、すぐに薬をやめれば大きな問題にはならないので、飲み続けないで医師や薬剤師に相談して下さい。

 

漢方薬についての詳細はぺーじ最下部にまとめましたが、少し気を楽にして読んでいる人は、何が何だかわかりません。

 

 

漢字がたくさん出てきて、その一つ一つの意味を覚えて、それに見合った漢方薬を服用しなければならないんですからね。例えば『葛根湯が風邪に効く』と言いますが、それは『実証』タイプの人に指定されます。体力があり、病気に対する抵抗力・反応が強い人ですね。そのような体質のタイプを持っている人に葛根湯が推奨されます。つまり、そうじゃないタイプの人には、推奨はされないのです。

 

 

  • 『陰証=寒がり』
  • 『陽証=暑がり』
  • 『虚証=体力がない人』
  • 『実証=体力がある人』

 

面倒ですね。わかりやすく『葛根湯=全員が風邪のひき初めに飲む』という図式であればいいのですが、違うわけですからね。また、漢字もわかりづらいですね。覚えづらい名前の漢方薬ばかりです。例えばEDに効く漢方薬で挙げたものを見てみましょう。

 

漢方薬の種類
  • 六味丸(ろくみがん)
  • 八味地黄丸(はちみじおうがん)
  • 牛車腎気丸(ごじゃじんぎがん)
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯 (さいこりゅうこつぼれいとう)
  • 桂枝加竜骨牡蛎湯 (けいしかりゅうこつぼれいとう)
  • 補中益気湯(ほっちゅうえっきとう)
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

 

書いているこっちが、書いたそばから忘れますよ。葛根湯と六味丸くらいでしょう。覚えられるのは。このように、漢方薬というのは何かと面倒です。ですから、もしこれらを覚え、カスタマイズするのが面倒だという人は自分で漢方を選ぶのは難しいでしょう。お医者さんが処方してくれることがありますから、それなら楽なんですけどね。

 

 

先生

それに比べて西洋薬的な考え方だったら、鼻詰まりの風はこれとか、簡単だからね!つい楽な方に行ってしまうのが人間だね!
たしかに!

ハニワくん

ニキビに効く漢方薬はある

しかも、ニキビに効く漢方薬はいろいろあります。ニキビができる原因を見てみましょう。

 

ニキビができる原因(内因性)

ニキビができる原因(外因性)

その他

 

ニキビは一つの原因によって発症するわけではないので、このすべての要素を最適化することが求められます。例えばニキビはアクネ菌の増殖が原因だと長い間言われてきましたが、最近の研究ではそうではなく、例えば『抗生物質』の服用が関係している可能性もあるという説も上がっています。

 

 

例えば『冷えると血液が汚れる』とありましたが、これも実はニキビの原因となるのです。『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

また、運動不足や喫煙によって血の流れが滞ると『瘀血(オケツ)』が起こります。瘀血はいわば血行不良です。肌にはニキビや湿疹、シミなどができやすくなります。

 

 

この『瘀血』というのは東洋医学の考え方で、簡単に言えば『血の流れが滞る』状態です。身体が冷え、血流が滞ると、血が汚れます。すると、それだけの理由でもニキビや肩凝り、クマ、シミなどの様々な問題が起きるのです。例えばED問題であれば、基本的に、

 

  • 血行促進
  • 精神安定

 

の効果があるものが有効だと考えられますから先ほどの漢方薬が挙げられますが、ニキビの原因はこれだけありますからね。そのうち、何が原因かもわからない状態で下手に適当な漢方薬を飲んでも、あまり効果を得ることはできないでしょう。もともと効果が抜群に得られるような薬ではありませんからね。

 

先生

どれだけ効くかっていうのは断言でいないけど、ある医者は家族全員が漢方薬を飲んでいて、季節の変わり目に葛根湯を飲んで薬いらずの生活を送っているよ!
なるへそ!

ハニワくん

 

1 2 3 4 5 6 7 8