『ヒト』を最適化しよう。

ニキビを抗生物質で治すと副作用で他の病気になる?~カギを握る腸内細菌~

抗生物質を使用していいのか

ニキビに抗生物質が使われることがあります。例えば、『ようこそ!私のニキビクリニックへ―さあ、お入りください。ニキビ完治への最後のドア…』にはこうあります。

アクネ菌や細菌を抑える抗菌剤にはナジフロキサシンという成分の外用薬が用いられています。これは抗生物質様の作用があり、化膿を抑えますから、膿疱の治療には比較的よい効果が出ますが、初期のコメドにはほとんど効果がなく、欧米の薬と比べて消炎効果は弱いようです。またこの薬には活性酸素をを抑える作用も少しはあるようです。これらの外用薬に比べて、ミノマイシンという内服薬は比較的よく効きます。ミノマイシンには抗酸化作用があり、活性酸素を抑えて皮脂が酸化されるのを防いでくれます。私もよく使う薬ですが、難点は、患者さんに効くタイプと効かないタイプがあることです。

 

著者によると、抗生物質には効く、効かないがあり、万能ではありませんが、活性酸素を抑えて皮脂の酸化を防ぐため、ニキビにも有効なときがあると言います。

 

ニキビの原因と治療法

ニキビの症状・原因 従来の治療法 最新の治療法
毛孔の角質肥厚(異常角化) イオンカンフルローション外用 レチノイド外用、ベンゾイルパーオキサイド外用、グリコール酸外用
過酸化脂質脂肪酸 ミノマイシン内服 クリンダマイシンローション外用、リン酸ビタミンCローション外用
活性酸素 ナジフロキサシンローション外用、ビタミンc内服 リン酸ビタミンCローション外用
アクネ菌などの細菌の繁殖 テトラサイクリン系(ミノマイシンなど)、マクロライド系(クラリス、ルリッドなどの抗生物質の内服)、ナジフロキサシンクリーム・ローション外用 ベンゾイルパーオキサイド外用、クリンダマイシンローション外用、アゼライン酸外用
皮脂の増加、脂性肌 洗顔などの生活指導 リン酸ビタミンCローション外用

 

ただ、これは2001年に出ている本ですからね。ここで言われている『従来、最新』という概念も、20年経っている今は違っているでしょう。同じく、同時期に出されている本、『ニキビ・トラブル肌は諦めないで私にまかせなさい』にはこうあります。

抗生物質の使用

炎症、特に化膿した場合には、抗生物質が必要になってきます。よく使われるものとしては、エリスロマイシンエリスロマイシンと亜鉛、クリンダマイシンなどがあります。

 

今のところ、

 

  • ナジフロキサシン
  • ミノマイシン
  • エリスロマイシン
  • クリンダマイシン

 

という抗生物質が挙げられていますね。では、それから少し経った2008年に出た本『これでわかるニキビの治療とケア~安易に抗菌薬に頼っていませんか?~』(南江堂)を見てみましょう。

抗生物質含有外用薬

外用薬の中で、日本で最も一般的に行われている治療は抗生物質含有外用薬による治療である。とくに日本ではニキビに適応のあるリンコマイシン系のクリンダマイシン(ダラシン)と、ニューキノロン系のナジフロキサシン(アクアチムなど)が汎用されている。ナジフロキサシンは抗菌作用をもち、クリンダマイシンは抗菌作用の他に抗炎症作用をもつことが知られている。また両社とも弱い抗面疱作用を有している。抗生物質含有外用薬の欠点は菌耐性を生じやすいことで、英国では2001年にp.acnesに対する耐性が67%に生じていたと報告されている。

 

出てきた抗生物質は同じですね。クリンダマイシンとナジフロキサシンです。しかしやはり各専門家たちは、『抗生物質はある種ニキビに有効だが、対症療法にすぎない』と口をそろえます。

 

 

先生

抗生物質の存在は完全には否定できないんだけどね!それで命を救われる人も大勢いるから!
たしかに!

ハニワくん

ニキビの化膿や炎症を抑えても根本治療にはならない

例えば、『ようこそ!私のニキビクリニックへ―さあ、お入りください。ニキビ完治への最後のドア…』にはこうあります。

こうしてみると、日本の治療は化膿や炎症を抑えることに主眼がおかれていることに気づかれたと思います。いってみれば対症療法で、ニキビの主因である皮膚の異常角化や活性酸素には有効な対策をほとんど講じていません。これではニキビを根本から治すのは不可能です。

 

抗生物質はニキビの化膿や炎症を抑えても、根本治療にはならず、対症療法であり、耐性がついてしまうことを考えると、いささかニキビ治療の最良の策とは言えそうもありません。著者は、『それよりも大事なことがある』として、『生活習慣の最適化』を主張しています。ではここで、ニキビができる原因を見てみましょう。

 

ニキビができる原因(内因性)

ニキビができる原因(外因性)

その他

 

ニキビは一つの原因によって発症するわけではないので、このすべての要素を最適化することが求められます。つまり、抗生物質だけでニキビを治療する『アウトサイド・イン』の考え方は、間違っているんですね。

 

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

 

インサイド・アウト
『自分の心が変われば自分の周りは変わっていく』と発想するということ。
アウトサイド・イン
『外の環境が変われば自分も変わる』と発想するということ。

 

このような自分自身の問題は常に、インサイド・アウトの発想が求められます。また、下記の記事に『一番の怖さはステロイド依存』という内容について専門家の意見を載せましたが、ステロイドについても、お酒やタバコについても同じことが言えます。

 

 

抗生物質がニキビにとっての特効薬ではなく、その服用が対症療法的な治療の選択肢の一つである以上、抗生物質に頼る治療はやめたほうがいいでしょう。

 

 

先生

薬の使用自体を危険視する博士もいるくらいだからね。ジョエル・ファーマンという博士がこう言っているよ!
どう言っているんすか?

ハニワくん

先生

『薬の発明はこの世の最大の悲劇である。医師のしていることは、そもそも病気を引き起こしてしまったライフスタイルに対して、継続の許可を与えているようなものだ。』
うーむ、深い!

ハニワくん

 

1 2 3 4