『ヒト』を最適化しよう。

お風呂にお酢や重曹を入れるとワキガ対策になる?効果はどれくらいある?

酢に含まれるクエン酸には殺菌作用がある

下記の記事にワキガ対策としての入浴方法について説明しましたので、併せてご確認ください。

 

ワキガ対策になるワキの洗い方やシャワー・お風呂の入り方とは!?半身浴(汗腺トレーニング)で『良い汗』をかこう!

 

酢に含まれるクエン酸には殺菌作用があり、皮膚を弱酸性に保って雑菌の繁殖を防ぎます。また、クエン酸が汗腺に吸収されるとアンモニアと乳酸の生成が抑えられるので、汗のニオイを解消できるのです。

 

また、酢には発汗を促す作用があるので、汗腺から成分が吸収されて血行がよくなり、汗腺機能の回復を助けてくれるんですね。血液の循環が悪かったり、栄養のバランスが崩れたりすると、体内に疲労物質の乳酸が増えますから、

 

  • お風呂に入り血行を良くする
  • 酢の力を利用してアンモニアと乳酸の生成を抑える

 

ことが有効となるのです。お酢というのは色々種類がありますが、例えば下記の商品の場合、一番上の『ミツカン 穀物酢 900ml』がいいでしょう。

 

 

何しろ、値段が一番安いですからね。210円です。通常、市販されている料理の為に使うお酢の種類として、

 

  • 通常タイプ
  • 高級タイプ
  • 濃縮タイプ
  • リンゴ酢タイプ

 

とありますが、通常タイプでいいということです。欲しいのはお酢に含まれるクエン酸ですからね。クエン酸以外のものをお風呂に入れてももったいないということです。

 

先生

とにかくお酢だけでかなりの効果を期待できるね!殺菌作用、汗のニオイ解消、発汗を促して汗腺機能を回復だから!
たしかに!

ハニワくん

リンゴ酢はまた特別な効果を期待できる

また、この『リンゴ酢タイプ』ですが、確かに下記の記事に書いたような考え方があります。

 

 

徐々にワキガの研究は進んでいて、近年では、体内の『アポタンパク』という物質の生成を抑えればワキガ臭を防ぐことが出来るという報告が出ているんですね。

 

『体臭をなくす。ホントなの↑ウソなの↓』にはこうあります。

ワキガ臭にはリンゴが効く。

 

(省略)わきが体質の人におすすめなのが、リンゴ湿布だ。リンゴ1っ子をすりおろし、ガーゼで絞り、繊維質をわきの下に充てるという湿布法だ。ただし、すりおろしたリンゴは痛みやすいので、そのつどリンゴをすりおろしたほうがいいだろう。

 

確かにリンゴにはアポタンパクを抑える力があるという事実が発見されていますが、注目したいのは、

 

  • 繊維質
  • そのつどリンゴをおろす

 

というキーワードです。例えば、『健康にいいものばかり食べていると早死にします』にはこうあります。

野菜ジュースでは大した栄養は摂れない

 

野菜ジュースは、野菜をすりおろしたり、つぶしたりしてから汁を搾り取って作ります。このときに出る搾りかすに食物繊維やカルシウムが残ってしまいます。また、野菜ジュースを作るときの加熱殺菌でビタミンCは減少します。

 

この野菜ジュースと同じ考え方で、リンゴ酢もリンゴをすりおろしたり、つぶしてから汁を搾り取っています。そうじゃなければ、リンゴの繊維質が入っているから、つぶつぶ状の液体が出てくるはずですが、そうではありません。

 

 

また、たとえそうだとしても、『すりおろしたリンゴは痛みやすい』と出ているわけですから、効果は減ってしまいます。したがって、リンゴ酢はリンゴの『風味』が出せていて料理に合わせて食べると美味しかったとしても、今回のテーマとはあまり関係がないと判断できます。

 

それだったら、経済的なことを考えて『一番安い通常タイプ』を選ぶのがベストになるでしょう。毎日使うことを考えればよりそうしたいですよね。

 

先生

ワキガに一番効く果物といったらこのリンゴになるよ!ただ、リンゴの繊維質に注目したいから、なるべく新鮮なリンゴをそのつどすりおろすことが求められるよ!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

ひと月1,000円以下に抑える

コップ一杯というのは、およそ200mlです。大体お酢は900mlですから、一本で4回半使えます。二本で9回ですね。その210円のお酢で計算すると、

 

210÷4.5=46円

 

ということになります。これを一か月続けると、

 

46×30=1,380円

 

です。これが高いと思うかどうかは人それぞれですが、高級タイプだと520円でしたから、

 

520÷4.5=115円

 

115×30=3,450円

 

ですからね。3倍近く変わりますので、そう考えると安くなります。また、毎日ではなく『週に5日』お酢を入れた入浴での汗腺トレーニングをした場合、

 

46×20=920円

 

ですから、1,000円以下に抑えられます。週に5日でも十分効果は得られますから、1,000円以下に抑えたい場合はそうしてもいいでしょう。一番大切なのは継続することですから、その継続の為にコストカットをすることは非常に重要なことですからね。

 

先生

まずは最低でも3か月は継続することが大事だよ!3週間続ければ一生が変わるっていう考え方もあるから、習慣づけがとにかく大事だよね!
たしかに!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. 酢に含まれるクエン酸には殺菌作用がある。
  2. クエン酸が汗腺に吸収されるとアンモニアと乳酸の生成が抑えられるので、汗のニオイを解消できる。
  3. 酢には発汗を促す作用があるので、汗腺から成分が吸収されて血行がよくなり、汗腺機能の回復を助けてくれる。
  4. お酢は通常タイプでいい。
  5. 『リンゴ酢タイプ』でアポタンパクの生成を抑える効果はあまり期待できない。
  6. 一番大切なのは継続すること。

 

1 2 3 4 5 6