『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

年齢別に見るワキガの割合と比率

ワキガになりやすい年齢はある?

ワキガになりやすい年齢というのは特にありませんが、『30~60代まではニオイがきつくなる条件が整いやすい時期』だと言えるでしょう。

先生

子供でもワキガになるから一概には言えないね!だけどある程度ニオイを発しやすい時期というものはあるよ!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

ワキガになりやすい年齢はある?

一般的に、ワキガになりやすい年齢というのはなく、下記の記事に書いたように、

 

 

以下のような特徴を持っている人が、ワキガ体質になりやすいという考え方になります。

 

 

また、ワキガ臭が発生する原因と流れを見てみましょう。

 

STEP.1
アポクリン汗腺からアポクリン汗が出る
 
STEP.2
脂肪分やたんぱく質等が皮膚にある細菌に分解され腐敗臭を放つ
 
STEP.3
皮脂腺からの皮脂が加わり更にニオイが強まる
 
STEP.4
エクリン汗によってわき全体にニオイが広がる
 
STEP.5
わき毛にからまりニオイが発散される
 
STEP.6
ワキガ臭が放たれる
 

 

ですから、まず最初に『アポクリン汗腺が多いかどうか』が大前提となります。それがその他の要素と交じり合ってワキガ臭になるわけなので、年齢がいくつかというよりも、上記に挙げたような条件、あるいはアポクリン汗腺が多いかどうか』ということで、ワキガ体質かどうかを判断します。ただし、先ほどの要素である、

 

  • 肉類や脂っこいものを好んでよく食べる
  • お酒を好んでよく飲む
  • ストレスが溜まりやすい

 

ということについては、高齢者よりも若い人の方に多く見られる傾向ですね。もちろん例外はありますが、基本的にこのような要素は、社会人としてバリバリ働いている人にありがちなことです。そう考えると、若い人の方がワキガを発しやすい傾向にあるという見解が見えてきます。

 

 

先生

ワキガが悪化しないような生活を送ればニオイは抑えられるんだけど、どうしてもエネルギッシュに動いていると、原因を作ってしまうね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 高齢者よりも若い人の方がワキガの原因を作りやすい。

皮脂の分泌量のピークは30代

例えば、『におわない人の習慣』にはこうあります。

皮脂の分泌量のピークはじつは30代

 

ところで『加齢臭』は、何歳くらいから発生するのでしょうか。50歳?60歳?いえいえい、違います。『加齢臭の元となる皮脂の分泌量は、30代がピークなんです。』

 

本には続いて、『1分間に皮膚1センチ×1センチの範囲で、どのくらいの皮脂が出るのか』というデータを記載しています。

 

皮膚1センチ×1センチの範囲で1分間に出る皮脂の量

  • 10代=2.5
  • 20代=5
  • 30代=7.5~8
  • 40代=6~7.5
  • 50代=6

※単位は1000分の1グラム

 

つまり、加齢臭の元になる皮脂は、30代で最大となります。ただ、まあ20~60代まではそう大きな差はありませんね。ただ10代だけが皮脂の分泌量が半分以下であるということが目立つだけで、20代以降の皮脂の分泌量は、常に多いと考えられます。

 

 

先ほど『ワキガ臭が発生する原因と流れ』の中に、『皮脂腺からの皮脂が加わり更にニオイが強まる』という要素があったのを見ればわかりますが、皮脂の分泌量が多いと、

 

  • 加齢臭
  • 体臭
  • ワキガ臭

 

といったすべての体臭の原因となります。そう考えると、確かに30代くらいの人の方が『ワキガの条件』を満たしやすいのですが、それ以降の年代であっても、十分にその可能性を秘めていると判断できそうです。また加えて、

 

  • 体格
  • 性質
  • 食事
  • 運動

 

なども関係してきますからね。ある年齢が一番ワキガが多い、ということは一概には言えないことになります。

 

 

先生

皮脂が多く出れば、加齢臭やワキガ臭の原因となるからね!そう考えると30代ということも一つの答えだね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 皮脂の分泌量のピークはじつは30代。

年代によってニオイが違う?

ただ、『におわない人の習慣』にはこうあります。

10~20代は『ツン』としたニオイ、30代以降は『脂っぽい』ニオイ

 

もうすこし、年齢による体臭の違いに注目してみましょう。皮脂の分泌量が少ない10~20代の体臭は『ツン』としたものです。若いころは、脂がそれほど分泌されない代わりに、皮膚全体の新陳代謝が激しいのが特徴です。この新陳代謝で出てきた角質は、つまりアカです。

 

さらに発汗が多いのも特徴です。アカと汗が菌や微生物によって分解されると、『ツン』とした異臭が出ます。

 

つまり、若い人の汗臭さは、角質と汗が菌で分解されることが原因。30代以降の脂臭さは、皮脂の酸化が原因だということになります。

 

20代ほどまでは『脂臭さ』と言ったような、奥の深いギトギトとしたニオイではなく、やっかいなのは30代以降の皮脂の酸化によって起きるニオイであることが見えてきます。そう考えると、それらの体臭に強く悩まされるのは、『30代以降』ということになるでしょうか。

 

ただまあこれも言ったように、ことワキガ臭であれば 『アポクリン汗腺が多い』かどうかが大前提ですからね。加齢臭や脂臭さではなくワキガ臭であれば、そもそもアポクリン汗腺自体が少なければ、発生する確率は極めて低いと言えます。

 

 

先生

性ホルモンの関係だったり、酵素や抗酸化物質の関係だったり、色々なことが原因で年代ごとに体質の特徴があるからね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 年代によってニオイは違う。

高齢になるとどうなる?

では、その『アポクリン汗腺が多い』人の中で最もワキガ臭が発生しやすい年齢はいくつかというと、それも今までで考えたように、その人の生活習慣によって大きく要素がことなってきますので、一概には言えません。また、下記の記事に書いたように、

 

 

多汗症の原因の一つに、『更年期の症状としての多汗症』というものがあります。女性の場合、女性ホルモンの、

 

  • エストロゲン
  • プロゲステロン

 

には、汗腺を調節する機能があります。しかし、更年期によってこのバランスが崩れると、体温調節の機能に変化が起こり、多汗症といった症状が出る可能性があります。

 

 

更年期障害というのは40~60代が発症しやすい障害で、主に女性がかかりやすいとされています。しかし、近年になって更年期障害は、男性にも見られることが判明しました。

 

『オトコの病気新常識』にはこうあります。

男にも更年期障害がある!

 

(省略)これまで『更年期障害』といえば女性特有の病気と考えられた来たが、男性にも更年期障害がある、というわけだ。この症状は更年期以降も続くため、最近では『加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)』『男性ホルモン低下症候群』などとも呼ばれている。

 

この男性の更年期障害は言い方が色々あります。

 

  • 男性更年期障害
  • 加齢男性性腺機能低下症候群
  • LOH症候群

 

ですね。これによって男性は男性ホルモンのテストステロンが減少し、次のような症状が起こります。

 

  1. 疲労感、睡眠障害、肩凝り、頭痛、寝汗、顔のほてり、動悸などの『身体症状(自律神経失調症)』
  2. 寝起きが悪い、気力がない、仕事に身が入らないなどの『精神神経症状』
  3. 早期勃起の消失、性欲減退、EDなどの『性機能低下』

 

これが男性の更年期障害『加齢男性性腺機能低下症候群』(LOH症候群)なんですね。

 

 

本にはこうもあります。

男性ホルモンの低下が始まると、体力が落ち、男性としての活力が徐々になくなって柔和になるだけでなく、脳もストレスに対する抵抗性が低くなる。

 

つまり、女性は『更年期によってホルモンバランスが崩れると、体温調節の機能に変化が起こり、多汗症といった症状が出る』し、男性は『更年期によってテストステロンが減少し、ストレスに弱くなって自律神経を乱しやすい』わけです。自律神経とは、

 

  • 交感神経
  • 副交感神経

 

とありますが、どちらかが優位になることで、次のような精神状況になります。

 

  • 交感神経が優位=緊張、不安
  • 副交感神経が優位=リラックス

 

つまり、ストレスに弱いということは、交感神経が優位になりがちであるということですね。交感神経が優位になると、汗をかくようになります。

 

『誰でもスグできる! あがり症・対人恐怖症・赤面症の悩みをぐんぐん解消する! 200%の基本ワザ』にはこうあります。

社会不安障害の種類と症状 発汗恐怖について

 

不安や恐怖を感じると、体が震えたり動悸を感じたり、交感神経によるストレス反応が起こります。そして、通常では考えられないほどの多量の汗をかくのが発汗恐怖です。

 

このようにして考えると、男女ともに、更年期障害にさしかかる40~60代という年齢も、性ホルモンの乱れ、あるいは崩れによって『汗をかきやすくなる』傾向にあると考えることができます。

 

 

そこに、『アポクリン汗腺が多い』という大元の原因が加われば、やはり『何歳で一番ワキガ臭が発生しやすいか』ということは、一概には言えませんね。『良い汗、悪い汗』をどれだけかいているか、デスクワークか肉体労働者か、きれい好きかそうでないか等の、様々な条件が重なり合って、答えは全く異なってきます。

 

 

先生

更年期になると体の様々な部分に影響が現れるね!発汗とか、自律神経の乱れとか、それが原因でワキガ臭を発散しやすくなるかもしれない。
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 女性は『更年期によってホルモンバランスが崩れると、体温調節の機能に変化が起こり、多汗症といった症状が出る』。
  • 男性は『更年期によってテストステロンが減少し、ストレスに弱くなって自律神経を乱しやすい』。

30~60代まではニオイがきつくなる条件が整いやすい時期

ただし、大まかにまとめるのであれば、

 

30~60代まではニオイがきつくなる条件が整いやすい時期

 

ということになるでしょうか。男女ともにですね。ちなみに下記の動画は、あらゆる体臭について知り尽くす五味常明先生の出している公式動画です。

 

また、その先生が出している『体臭・口臭・便臭 ニオイ対策介護テクニック』にはこうあります。

年を取ると、このアポクリン腺の分泌が減少し、ワキガのニオイは軽減するので、高齢者介護の現場で対策が必要となるのは、むしろ介護スタッフのワキガ臭である。

 

高齢になるとアポクリン腺の分泌が減少して、ワキガ臭は軽減する事実もあるようですね。

 

先生

アポクリン汗腺自体は一生なくならないけど、分泌とか活性化なんかになると、高齢によって抑えらえるわけだね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 30~60代まではニオイがきつくなる条件が整いやすい時期。
  • 高齢になるとアポクリン腺の分泌が減少して、ワキガ臭は軽減する。