『ヒト』を最適化しよう。

薄毛は親のどちらから遺伝する?遺伝するのは薄毛体質だけじゃなかった!

薄毛は遺伝するのか?

薄毛の原因は様々なものがありますが、大きく分けると遺伝的な要因と後天的な要因の二つになります。後天的な要因としては、以下などの生活習慣が挙げられます。

 

後天的な要因
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 極度のダイエット
  • 偏った食生活

 

これが先天的な要因である遺伝と合わさると薄毛が起こりやすくなるのです。そのため、どちらか一つだけに薄毛の原因を見出すのは難しいと言えますが、少なくとも脱毛を促進する遺伝子が発見されていますので、人によっては生まれつき薄毛が進行しやすい体質を持っていると言うことができるでしょう。

 

というのも、特に男性の場合、脱毛が進行するサイクルには男性ホルモンが関係していることが多いからです。テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが変形すると、ジヒドロテストステロンと呼ばれる物質になります。このジヒドロテストステロンが毛根細胞に脱毛指令を発信することによって抜け毛が起こります。

 

もちろん、毎日の生活の中で抜け毛は常に起きているのですが、このジヒドロテストステロンの量が多くなったり活動が活発になったりすると、より脱毛のサイクルが早くなり、新しい髪の毛が生えるよりも脱毛するスピードの方が速くなってしまいます。結果として髪の毛がたくさん抜けてしまい薄毛が進んでしまうのです。

 

 

この男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変換する、もしくはジヒドロテストステロンがより活発化する原因には遺伝的な要素が大きく、親が薄毛傾向にある人はどうしても脱毛サイクルが早くなってしまうのです。

 

先生

テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されると、薄毛になりやすくなる。だから、ジヒドロテストステロンに変わって欲しくない。だけど、その変換は勝手に行われるわけで、しかもその変換の確率の高さは『遺伝』という要素が大きく影響していると言われているんだね!
その変換率みたいなものが遺伝するっていうことっすね!

ハニワくん

親のどちらから薄毛が遺伝するのかは判明している

薄毛というとどちらかというと男性のイメージが強いため、薄毛の遺伝子は父親から受け継がれるというイメージを持っている人が多くいます。しかし、薄毛に関する遺伝の研究によると薄毛の遺伝は母親から受け継がれる、ということが判明しています。

 

薄毛を引き起こす遺伝子はX染色体にあることが解明されていて、男性の場合は常にX染色体を母親から引き継ぎます。薄毛の遺伝子が受け継がれているというケースでは、常に母親から遺伝しているのです。そのため、母親もしくは祖母が薄毛の傾向にあると、薄毛になりやすいと言えるでしょう。

 

この遺伝子は隔世遺伝するケースもありますので、自分の母親が薄毛でないとしても、祖母から薄毛の遺伝子を受け継ぐこともあります。そのため、母親は髪が豊かだから大丈夫だと思うことなく、増毛のための努力を払うとともに、薄毛を引き起こすようなリスクをできるだけ避けることが肝心です。

 

誰からX染色体を引き継ぐか

父・母のうち 母親(隔世遺伝の場合は祖母)

 

また、親から引き継ぐのは遺伝子だけではありません。生まれ育った環境で身に着いた生活習慣は大きくなっても続くことが多いので、もし小さいころから髪の毛には優しくない食生活や睡眠の習慣を持っているのであれば、一度自分の生活習慣を見直して増毛効果を高めるような形に改善していく必要があると言えるでしょう。

 

 

親から引き継ぐものには、遺伝子とともに生活習慣もありますので、しっかりとそのどちらも薄毛を引き起こすものでないかどうかを調べる必要があります。本人が意識していなくても、知らずに引き継いでいることがほとんどですので、じっくりと見直してみると良いでしょう。

 

先生

薄毛を引き起こす遺伝子のX染色体は、母親から受け継ぐんだね!だから、父親が薄毛でも、遺伝の考えかたとしてはあまり関係ないっていうことにあなるね!よく、父親や祖父を見て『ハゲるか、ハゲないか』を予想してたけど、実は遺伝は母親や祖母の方だったんだね!!
それは知らなかったっす!

ハニワくん

先生

また、遺伝とはちょっと違っても、同じ家庭で育ったのであれば、生活習慣も似たようなものになるから注意だね!それが原因で『親の遺伝』なんていう考え方が出来たのかもしれないね!実際は、生活習慣が似たようなものになっていることが原因だったのかもね!
なるへそ!

ハニワくん

遺伝子の検査をして効果的な増毛方法を発見する

親からの遺伝によって薄毛になりやすい傾向がある人がいますので、まずは自分がその傾向を持っているかどうかをチェックしてみると良いでしょう。薄毛治療の専門クリニックであるAGA外来などで薄毛に関する遺伝子検査をしています。

 

また、自宅に遺伝子検査キットを郵送してもらい、自分で粘膜を採って送り返すことで気軽に遺伝子検査ができるというものもあります。価格は自宅で行うキットの検査の方が安くいつでも好きな時間にできますので、気軽さという面では勝っていると言えるでしょう。

 

一方で、クリニックで行う検査の場合は価格も高めですし、わざわざクリニックに行かなければならないというデメリットがありますが、検査結果が出たらすぐに検査結果を踏まえて、的確な診断をしてくれますし、それに基づく治療方針を知ることができます。遺伝による薄毛だということが判明すれば、どちらにせよ専門クリニックに行かなければならないわけですから、結果的には効率の良い方法だと言えるでしょう。

 

 

薄毛が遺伝的な要素によって起こっている場合は、個人の努力だけではなかなか改善することができませんので、専門的な治療が必要となります。効果の高い専門の治療薬を使って治療しますので、比較的早く効果が現れますし、しっかりとした増毛効果を期待できるというのが大きなメリットです。

 

市販の育毛剤などにも効果がありますが、医学的に推奨される育毛薬を使うことで、安心して増毛ケアを続けていくことができるでしょう。クリニックでは定期的に検査を行いますので、どのくらい増毛効果が出ているかを客観的に知ることができます。

 

先生

自分で調べられる遺伝子キットなんかがあるんだね!一昔前まではなかったんだから、まず単純に、その技術の進歩には驚きだね!だけどまあ、どうせ検査するならもうプロに任せた方が早いだろうね!キットで調べた後に何かするってなったら、どの道クリニックに行くんだろうし!
たしかに!

ハニワくん

 

 まとめ✔
  1. 薄毛の原因は様々なものがあるが、大きく分けると遺伝的な要因と後天的な要因の二つになる。
  2. 後天的な要因が先天的な要因である遺伝と合わさると薄毛が起こりやすくなる。
  3. 薄毛の遺伝は母親から受け継がれる、ということが判明している。
  4. この遺伝子は隔世遺伝するケースもあり、自分の母親が薄毛でないとしても、祖母から薄毛の遺伝子を受け継ぐこともある。
  5. 親から引き継ぐものには、遺伝子とともに生活習慣もある。
  6. 薄毛治療の専門クリニックであるAGA外来などで、薄毛に関する遺伝子検査をしている。
  7. 自宅に遺伝子検査キットを郵送してもらい、自分で粘膜を採って送り返すことで気軽に遺伝子検査ができるというものもある。
1 2 3 4 5 6 7